電気が生んだ、規格外。ノートe-POWER NISMO S、試乗車設定

「うどん県の山本」からのお知らせです。

ちまたの話題

カップヌードルが発売47周年を機に「香川県が謎肉生産量世界一」と公表したところ

うどん県副知事の「要 潤」氏のツイッターで、(’https://twitter.com/kanamescafe)

うどん県」から「謎肉県」に改名するとのお達しが有りました。

それも副知事が出演する今度のNHKの朝どらにはカップヌードルの開発物語だったりと

Netでは何かとお騒がせしている「うどん県、改名、謎肉県NPCの山本」です。

 

今回、ノートの試乗車に

最強の「e-POWER NISMO S」が追加になりました。

何が最強かと言えば、ノートにZ34型の3700ccエンジンを搭載したような車!!

 

 

 

外観ではフロントグリルとリアNISMOエンブレムの下に「S」マークが入って

e-POWER」のエンブレムがフロントドア左右とハッチゲートに有るだけ!

 

スペックでは

(むつかしいと思ったら飛ばして下さい)

***************************************

ノート「e-POWER NISMO S」のモーターはトルク32.6kgf・m。車両重量:1250kg

トルク当たりの車両重量は1250kg/32.6kgf・m=38.3kg/kgf・m

 

フェアレディZ34型バージョンST、3700ccでは、トルク37.2kgf・m。車両重量:1540kg。

車両重量/トルク=41.4kg/kgf・m

 

明らかにトルクウエイト比はノートの方が勝っています。

異次元の加速といわれている、リーフについては、車両重量1520kg、トルクE12と同じ

1520/32.6=46.6kg/kgf・m。  と、数値だけでは平凡な値。

 

※ちなみにGT-Rは、1740/65.0=26.8kg/kgf・m。これはさすがに別格ですね

***************************************

以上でトルク/ウエイト比が如何に優れているかが判りますね。

 

それプラス、変速タイムラグ

GT-Rでさえ加速時に0.1秒の変速タイムラグが発生しますが

「e-POWER」の車両は変速装置が無いので一気呵成の加速が出来、

モーターの特性上、32.6kgf・m/0~2950rpmとフラットトルクで、尚且つ低回転域で発生!

この様に低回転のときのほうがトルクがありスタートダッシュは得意項目。

 

いかがですか?!

最強のハイブリッド

これで1600ccマニュアル5MT の「NISMO S」・「e-POWER NISMO」と3種のノートの試乗車ができました。

1600㏄、NISMO S」はオプションのRECAROシートが装備され

「e-POWER NISMO」にはスポーツリセッティングも取り付けています。

 

他には「e-POWER MEDALIST」・「ガソリン ノートX」と

ノートだけでも5種類、5台試乗車の設定しています。

e-POWER NISMO S」の試乗車は現在納整作業中で、近々に稼動致します。

 

e-POWER NISMO」エンジンルーム

e-POWER NISMO S」エンジンルーム     何が変わっているのかな?

コメントは受け付けていません。