~みんなの憧れR35キャリパー~

こんにちは、こんばんわ。

NPC水戸の須藤です。

 

皆さん、体調はいかがですか?インフルエンザが猛威を振るっていますが、僕は元気です。

この時期ずっっっっとマスクをしているので、耳がむしれそうではありますが。

 

さて、前々回にお見せした部品の山。

なんの部品たちだか、わかりましたか?

 

このメニューでした。

↓↓↓

http://www.nismo.co.jp/omori_factory/original_menu/brake/index.html

第二世代ブレーキチューンのゴールのひとつと言っても過言ではない、

R35キャリパー流用キットです。

 

今回作業のお車は、定期的にサーキット走行を楽しんでいただいている車両。

これまでも、ブレーキパッド、ディスクローター、ブレーキホースにブレーキフルードも

サーキット用に入れ替えを行い、ブレーキダクトの追加も実施しておりました。

しかし、増え続ける負荷に根をあげた標準キャリパーと消えたスリット。

 

 

近年は、キャリパーオーバーホールの頻度多くなり、限界でした。

キャリパーについては色々な選択肢がある中で、間違えのない選択ではないでしょうか。

 

サッサッサッと作業を実施。

びふぉあ

 

あふたぁ

 

 

どうっすか。これおかずに白ご飯2杯くらいは食えそうじゃないですかw

キャリパーのボリューム。たまらないっすよね。

 

カンのいい方なら気づいたかも知れませんが、今回キャリパーの大型化に伴って合わせて用意したホイール。そうです。

LM GT4 Aluminum Road Wheel Machining Logo Version Matte Type

2017年に限定で販売されていたLMGT4の艶消し黒。

秘蔵のホイール、蔵出し品です。在庫処分ではありません。

もうありませんので、あしからず。

また住友キャリパー装着車でしたので、マスターシリンダーもブレンボ用の物へ大型化を実施。

 

そんなこんなで、完成した車両がコチラ。

どうでしょう。ヤバくないですか?

マッドブラックでシックにまとまった足元、そこにキャリパーのゴールドが映えます。

バエるってところでしょうか。

もちろん、制動力も折り紙つきですので、次の走行会が楽しみですね。

 

っとこの辺で終わるはずなんですが、またしても弊社のスーパー代車の罠が発動してしまいました。

スーパー代車の詳細や罠については、また後日書きますね。

 

最後に入荷案内。

 

デジャブですかね。

順番で作業実施していきますので、もう少々お待ちください。

 

日産プリンス茨城販売(株)水戸千波本店 須藤でした。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。