~メンテとブラッシュアップ~

こんにちは、こんばんわ。

NPC水戸の須藤です。

 

ブラッシュアップって使ってみたかっただけです。w

3月は車検ラッシュ。皆さんのお車もどうですか?車検だったり、点検の時期だったりしませんか?

車検とあわせて大掛かりな作業を依頼される方も多いのではないでしょうか。

 

今回ご紹介する車両はK12、マーチ。12SR。

K13、E12 NISMOが登場するまで日産ライトウェイトを代表した車。

その戦闘能力の高さは今も健在。そんなマシンを手にされたオーナー様は、購入時から施工してあったNISMOスポーツリセッティングのレスポンスの良さに感動。

しかし、乗っていくうちに更なる高みを望むように。そして当店に来店いただきました。

目星を付けていたのはこちらのアイテム。

もう付いちゃっていますが。NISMO軽量フライホイール。

 

特に小排気量マシンでは、単に軽いだけでは成立しないチョイスの難しいパーツの一つかと思いますが、そこはニスモ。低回転と高回転のバランスが絶妙なパーツとなっております。

フライホイール交換に当たって、当然ですがミッションを下ろします。

 

 

 

お疲れ気味のクラッチディスク。消耗品ですので合わせて交換です。

当然合わせるクラッチは

NISMOスポーツクラッチ。

もはや、純正置き換え部品といっても言い過ぎでは無い様に思います。

消耗品の交換タイミングを合わせてニスモパーツの導入するというのは、とっても効率的です。

また今回車検整備も同時に実施していますので技術料も抑えられて、オトクですよ。

 

数日後車検証を取りにきたオーナー様からご報告をいただきました。

 

「通勤でしか使えてないので、フライホイールの効果はまだ体感できていないのですが、クラッチはダイレクト感がまして、エンジンパワーが増えたような力強さを感じられて、満足してます。」

 

満足いただけたようで、ホッと一安心です。O様ありがとうございました。

 

疲れたノーマルクラッチは、滑っていたわけではなかったのですが、少なからずパワーのロスが出ていたようで、ニスモのクラッチを投入したことでロスが無くなり、トルクが増したように感じるのだと思います。

 

今回のように、消耗品交換でニスモパーツを投入することは、チューニングパーツにありがちなデメリットを最小にしつつ、スポーツ性能の向上が期待できます。

もちろんチューニングパーツにもいい商品はたくさんあると思います。ここでは話せませんが

 

~告知~

4月6日7日の富士のNISMOドライビングアカデミー募集始まっています。

お申し込みはこちら

今回は6日がステージ3。7日がステージ1,2。

折角のニスモグレード。楽しまないとソンですよ。

 

最後にお願い。

ご予約の無い来店はご案内まで大変お時間をいただくだけではなく、ご相談だけでも承れないこともあります。

事前にお電話でご予約いただいてからご来店をお願いします。

コメントは受け付けていません。