e-power NISMO LSD装着!からの美浜サーキット

皆さんこんにちは

NPC明石の野上です

今回はついに発売された ノートe-powerNISMOのLSDです

まずはキャサリン号に取り付けし 美浜サーキットにてスポーツ走行してきました

デビット隊長の元 NPCスタッフで装着です

e-powerのデフは エンジンとモーターの間にある為 作業は基本エンジン脱着になります

こちらはノーマルのオープンデフ

そしてこちらが今回のLSDです

ヘリカル式 イニシャルトルク 20Nm 作動方式2WAY

マーチNISMO SやノートNISMO Sに組み込む 多板クラッチ式LSDは強力に効きますが それに比べヘリカル式LSDはマイルドな効きで駆動力が掛かった時だけ働きます

それでもモーターから繰り出される大きなトルクにLSD どんなハンドリングになるかと思っていましたが

装着後のテスト走行では スムーズな動きにびっくり!!

ステアリングに違和感も無く それでいてフロント左右のタイヤが路面をしっかり捕らえコーナーを速く抜けて行く感じ

これはいいです!

 

 

そしていよいよ美浜サーキットに向かいます

今回 主にキャサリン号をドライブするのは工場長です

が...この日は台風10号上陸の前日 朝から雨が降り始め やがて土砂降りに

こんな状態...

この日は結局 大雨から曇りになり 昼には快晴 その後又大雨とめまぐるしい天候でしたが

ウエット路面でも安定した走りが出来 雨の中でも結構良いタイムが出ました

そして、その後のドライ路面では まさにLSD効果!!

を確認

いつもアンダーが出てコーナー出口のアウト側の縁石にタイヤが乗ってしまう1コーナーも(きっとブレーキが下手なんでしょうね 笑)

縁石に乗ることも無く綺麗に曲がれ

(下手なブレーキをカバーします 笑)

定常円的に大きく曲がるコーナーでは トラクションが掛かっている感じが実感出来 オープンデフの時より車半分内側を走れます

そして上りのコーナーでは こちらもいつもよりイン側を走れ 確実に速く立ち上がって行きます

逆に減速時

FF車の多板クラッチ式LSDは 1WAYもしくは1.5WAY迄で 2WAYを入れるとアクセルOFFでもLSD効果が残り アンダーステアになるイメージが有ったのですが... さすがヘリカル式2WAY 違うんだと実感しました

わざとアクセルOFFの回生ブレーキでコーナーに進入してみても フロントはインを狙って行きます!

 

e-powerは エンジンルームに駆動モーターと発電モーターインバーターが有る為 ノートNISMO Sよりフロントタイヤに掛かっている重量(前軸重)は 140KG重いです

ノートNISMO Sの前軸重は660KG  e-powerNISMOの前軸重は800KG  比べると確実にフロントヘビーです

そして一気に立ち上がるモーターの大きなトルク

どうしても アンダー気味になりがちなのですが...

それをこのヘリカル式LSDが ナチュラルな感じにモーターパワーを有効に地面に伝えて 綺麗にコーナーを曲がって行けます

 

今嬉しいことに e-powerでサーキット走行を楽しまれる方が増えてきました

サーキット上級者の方は勿論タイムアップが期待出来

サーキット初心者の方や女性の方にもとても扱い易いLSDです

 

多板クラッチ式LSDを入れるのでは無く e-powerにヘリカル式LSDを入れる意味 乗ってみると分かると思います

 

皆さんお勧めですよ~

 

コメントは受け付けていません。