BNR32 車検整備

4月から息子が幼稚園に通い出せば俺のターンだ!とワクワクしていたら

なんだか世間の雲行きが怪しくなってきて、ハラハラしているNPC松戸の斉藤です。幼稚園無事に始まってほしい・・・

皆様も自粛ムードでウズウズしているかと思いますが、ブログでも見てゆっくりしてください 笑

 

さて車検でお預かりしたF様のBNR32です。2桁ナンバーがワンオーナーを主張しております!

そしてニスモS1エンジンのシリアルナンバーは限りなく1桁に近い2桁が刻まれております。

  

毎度の車検で整備をしているので、大きな作業は無かったのですが

今回はパワーステアリングのオイルポンプからのオイル漏れがありました。

漏れとも滲みともいえない状態で現在に至るのだと思いますが、今回何とかします。

さて、新品ポンプは製造廃止。廃止寸前の金額もなかなかの金額で・・・

そして、日産部品&社外品ともリビルトパーツは見つかりませんでした。

ならば修理するしかないですね。幸いパッキン&シール類は純正部品で出ましたので分解して点検実施です。

  

各部点検してみると、シャフトの段付き磨耗を見つけました。

ここはオイルシールが接触している部分で、意外に思う方もいると思いますがゴムで金属が減るんですね。

本来ならば、シャフト&ベアリングを新品に交換したい所ですが、やはり製造廃止・・・

このシャフトとベアリングくらいはヘリテージで出ないですかね?

磨耗はそこまで深くなかったのと、オイルシールの位置を少しずらして対処する事にしました。あとは綺麗にして組みつけです。

パッキンの形がウミガメのキャラクターにしか見えないのはおいといて・・・

組みあがった写真がない!ので

車両に組み付け完成です!

ドロドロだったポンプボディはピカピカになりリフレッシュできました。

BNR32だとハイキャスキャンセルして他車のポンプを流用する方法もあるのかもしれませんが、

せっかくのハイキャスを活かして修理するのもひとつだと思います。

F様、ご用命いただきありがとうございました!

 

さて、何度かブログでも小出しにしていた自分の車ですが、ブログの最後に少しずつ投稿してみようかと思います。

題して「マイサニー」です!

実は前回のワークスチューニングで、走行後ピットに戻る途中でミッションから異音が・・・

というわけで昨年末あたりから自宅でオーバーホールしておりました。

 

もちろん部品は製造廃止の雨あられ状態で、なんとか完成まで漕ぎ着けました。

ミッション載せるか、はたまた・・・

と、悩むこと1週間。なぜかエンジンを降ろしました。

ここから何が始まるのかは次回に続こうかと思います。

今年のワークスチューニングは走れそうもないNPC松戸の斉藤でした!

コメントは受け付けていません。