電気が生んだ規格外、ノートe-Power NISMO S スポリセ試乗記

ご無沙汰していました。

ちょっと前までは、気温30度越えが当たり前だったのが

台風の影響からか、急に秋深い、肌寒い気温になり、ロードバイクで走る絶好の気候もやって来ました!!

 

「新型コロナ」の影響もあり、マスクして・・・・・・

勿論「NISMOマスク ブラック」付けてと思っている処です。

このマスクは、好評で追加生産しているようです。弊社にも在庫あります。

皆さん如何ですか??

 

個人的な希望ですが、「ブラック」だけでなく、「レッド」「ブルー」「ホワイト」などが出ると良いな~~!

と考えている「うどん県、NPC高松 山本」です。

今日感じたことですが、「GO TO イート」も、「かけうどん小¥250」も対称かな???

 

最近、目新しい施工記録が無いのと、業務怠慢でスタッフブログ更新が滞っておりました。

今回、自分の車両と同じ、「NOTE e-power NISMO S」 

スポーツリセッティング施工を承りましたので、施工記をレポート致します。

取付する、スポリセコンピューターと保証書一式

 

車両には、さりげなさ過ぎる「S マーク」が標準

是非、スポーツリセッティングのステッカー貼ってください。

 

作業に取掛かったら、取付けの早いこと!!

 

スタッフも慣れた作業なのか、取付だと30分もあれば終わるようです。

実際は、作業前後の確認などに時間が掛かっているようです。

次の写真撮影と思い工場に行ってみると・・・・・・

「終わったよ!!」

取り掛かってから1時間と少し。ハヤ~!!

お陰で写真が無い。

・・・・・・・・・取付け記録もここで終わってしまうので・・・。

 

オーナーのご好意で、施工後の試乗させて頂きました。

フィーリングの確認なので制限速度+α、で試乗車コースで行いました。

 

気になっていた、2点のモードで走行確認です。

①「スポリセ S,D レンジ」

加速フィーリングと回生ブレーキの利き方は

アクセルペダルの踏み方に敏感に反応し、まるでチューニングカーのよう

回生ブレーキは効きが弱く、NAの車のエンジンブレーキのようでコーナー攻める時等は使いやすい。

積極的にフットブレーキをかけていける仕様、

ブレーキの強化が望ましいように思いました。

 

立ち上がり加速時はアクセルの踏み方や、路面状況によりますがTCSが介入する事があり、

スポーツ走行時は「NISMOヘリカルLSD」や「ハイグリップタイヤ」が有った方が良い様に思いました。

 

②「スポリセECO、Dレンジ」

多分、一番使うであろう走行モードだと思います。

ノーマル車に対して、アクセルのツキが良くなったように感じ

ノーマルより停止からの加速がスムーズに成った様に思います。

回生ブレーキの効きは少し強くなった様に感じました。

肝心の燃費は走行距離で3~4㎞では判りませんでした。

 

「スポリセECO、B レンジ」も確認です。

②と同じようですがアクセルペダルがさらに重い。

アクセル踏むなって車が言ってるみたい。

 

総評(個人的に感じたことです)

「NOTE e-power NISMO S」 のスポリセで

一番感じたことが、モードによりアクセルペダルの重さが変わる事!

スポーツ走行時にも一般走行時もボタンとレバーの切替で十分に楽しめる事!

Bモードの使用範囲が広い、全モードで使用可能、変化が実感できる!

 

NPCよりの提案

スポリセ施工したら、先ずは、ブレーキ関係のホースやパッドの強化はマストでしましょう。

安全の為にも、自覚もって走行しましょう。

コメントは受け付けていません。