Zチャレンジ 最終戦シリーズ(無限列車編)弐 

己の弱さや不甲斐なさに

どれだけ打ちのめされようと

心を燃やせ

歯を食いしばって前を向け

 

煉獄杏寿郎

いよいよ これが

2020年 Zチャレンジ 最終戦

2戦続けての レースだけでも

厳しいのに

直接対決で 勝たなければ

チャンピオンが 手に出来ないという

大きな プレッシャーをも 感じていました

ここで

ライバルの Z-NISMO 2台に

予選で 前にいかれてしまうと

勝利の目は

早々に 消えてしまうかも 知れないからです

しかし 彼には

この日の為に 用意した

バージョンアップパーツがありました★

果敢に タイムアタックを 繰り返し

RS-1クラスでの トップタイムを マーク!

予選では

82号車と 54号車の

黒い 2連星の 前に

かろうじて 出る事が 出来ましたが

スターティンググリッドでは

すぐ横と 後ろに 並ぶため

0.5秒の間に

3台横並びと いった所が

実際の 状況でした

それでも グリッドで 前に出れた事は

朗報であり

チャンピオン獲得への

いちるの 望みを 繋げる事が 出来たワケです

茫然自失で

暗闇を たださまよい歩いた

あの頃の 自分のため

自分を 信じ

精一杯の 努力をしてくれた

仲間たちのため

そして

あの日

祝ってくれようと

駆けつけてくれていた 仲間たちのために

2年に渡る

最後の戦いに 挑みます

全車 続々と コースイン

スターティンググリッドへ 整列します

そして!

いよいよ 2020年シーズン

最後のレースが スタートしました!!

快調に スタートしたと 思いきや

なんと!

予選で 前グリッドを 獲ったのに

スタートで 80号車が

ライバルの 黒い2連星

82号車と 54号車に

抜かれてしまいました!

この時

1年前の 悪夢が 蘇ったのは

僕や

ピットクルーだけでは 無かったハズです

誰よりも その悪夢に 襲われたのは

ドライバー本人でした

しかし

戦う事を 決心していた 彼は

決して くじける事はなく

一瞬で 燃え上がった 炎のように

前を いった 2台の Z-NISMOを

追い上げる勢いで 追いかけていきます

80号車を 抜いた2台は

次に

互いを 照準にして

駆け引きを 開始します

まるで 抜いた 80号車は

もはや 敵では無いかの様に・・

第1ヘアピンに 侵入した 82号車の

インを 刺そうとする 54号車

ここで

抜かれない様に インを締める 82号車

まさに

接触すれすれの 攻防です

けれど

この時点まで

この 2台は 知らなかったのです

本当の 敵は 他にいると・・

イン側に 突っ込んでいく 2台に 対し

進入ラインと 速度を 変えて

アウトから 一気に ヘアピンへ進入

インを 締め

2台の 速度が 落ちた所で

2台とも 抜き去ったのです!!

スタートで 抜かれ

2つ目の コーナーで 抜き返す

抜かれた 2台も

まさかとは 思ったでしょうが

これは 明らかに

狙って 抜くラインです

その後も

果敢に アタックを 繰り返し

前方の 1台も 抜き去り

RS-1クラス トップでゴール!

2020年 Zチャレンジ

RS-1クラス チャンピオン獲得!!!

ピットにいた

チームの 全員が 歓喜に沸きます!

まさかの 逆転チャンピオン獲得

しかも

抜かれてもなお 諦めずに

攻めたからこそ 起きた 奇跡

こんなことが あるのかと

心の底から 思いました

1年前

いやしい 心を 見透かされたかの様に

最後の最後に

残酷な 結果があったのは

頑張れば 必ず 結果は ついて来る

それは

必ずしも

勝利では 無いかもしれないけど

前に 進むためには

戦う事から 逃げていてはダメなんだと

思い知らせるための

事柄だったのではないかと思いました

1年前

あのまま RS-3で チャンピオンを

獲っていたならば

あの辛さも

この 幸福も

きっと 知らなかったハズです

NPC東京 80号車

RS-1 Z34バージョンNISMO

2020年 RS-1クラス年間チャンピオン

強くありたいと 願い 戦った

そして

本物の 速さに

一歩 近づいた気がした

2020年シーズンでした

 

 

コメントは受け付けていません。