Zチャレンジ最終戦シリーズ(激走!18号車&922号車編)

NPC東京 小山です!

では 第4戦の 続きです!

第3戦 29台に 対して

第4戦を 戦うのは 24台

1日に 2戦 あったとしても

Z で 走る事が 大好きな Zチャレンジャーたち

準備万端!

最終レースを 楽しんできます!

第3戦と 同様に

イエローZ と  しょうちゃん選手のバトル

NPC東京 53号車 Z34 イエローZ

フルノーマルで 参戦を 始めましたが

今回は いよいよ チューニング★ を 開始

NPC東京 78号車 しょうちゃん

しょうちゃんの バーニスも

この日の為に バージョンアップ★してあります

第4戦も

2台で 最後まで バトルしてました ‘`ィ(´∀`∩

大森ファクトリーチームの 2台も

バトル中

オートマ Z 対決

第2戦で 劇的な 爆走で

優勝を 飾った

NPC明石の 24号車 Z-NISMO

オートマクラスの 各車も

最終戦用に

かなりの チューニングを してきてましたね~

スーパーオートバックス浜松 Z34が

第3戦で クラス優勝!

4413の Z34オートマティックは

第4戦で クラス優勝と

3人で 1勝ずつ 勝ちを 分け合ってましたが

それは 激戦という事です (笑)

NPC明石も

スーパーオートバックス浜松も

サポートに 来た方が いいっすね!(笑)

NPC東京 49号車

マサオ選手

49号車にも

最終戦用の 武器★を 仕込んでおきました

パーソナルベストタイムを 更新したんで

成功だと 思ってますが

あれを 乗りこなすとは

大したものです (笑)

最後の最後まで

勝ちを 狙いにいった 18号車

前を 走る こてつ選手を

抜かない限り

チャンピオンが 獲れない 18号車

スタート直後から

猛烈な プッシュを 始めます

毎週

ベストラップを 更新しながら

激走する 18号車

前を行く

こてつ選手よりも 速いタイムで

追い上げますが

たくみな ブロックで

どうしても 抜く事が 出来ません

スタート直後からの

直接対決は

最終周まで 続き

0.3秒差での

涙の クラス2位

ギリギリで敗れました 。゚(゚´Д`゚)゚。

NPC東京 922号車 380RS

922号車は

連戦での 疲れもあったのか

なんと

1速と 3速を 間違えて

3速で スタートしてしまい

いきなり

ダントツの 最後尾まで 落ちました(笑)

しかしながら

ここからが 真骨頂!

毎周

1台ごとに ロックオンしては

次々に 抜いていきます

目を見張る 速さで

気持ちいいくらい 抜いていきますが

なぜこれを

スタート失敗せずに 出来ないのか(笑)

最終周まで

バトルのみを 繰り返し

抜きまくって ゴール

本人的には 満足なレースでした(笑)

第4戦も 無事に チェッカー!

2020年 Zチャレンジも

これで 終了しました

NPC東京としては

RS-1クラスと RS-3クラスで

シリーズチャンピオンが 獲得出来て

素晴らしいシーズンとして

終わる事が 出来ました

コロナ渦の 中

当然 Zチャレンジの 開催も

危ぶまれていましたが

関係者各位の 努力の おかげで

無事に 開催していただいて

とても 感謝しております

参加者の みなさんも

例年以上に 健康や クラッシュなどに

注意をしており

この社会の 一員として

こうした イベントに参加出来ていたと

本当に 思いました

世界中が コロナ渦に 巻き込まれ

ロックダウンを 始めとした

環境の変化が 僕らを 襲いました

けれど

そんな状況でも

時は 止まってはくれずに

進んでいきます

その中で 僕らも 自分たちなりに

歩みは 止めずに いたからこそ

Zチャレンジコースレコードや

参加台数の 増大があったのだと 思います

ピンチになった時

とにかく 強いのが

Zチャレンジャーの みなさんです

彼らの様に

僕らも 戦っていきましょう!

ありがとうございました!

 

 

コメントは受け付けていません。