認定証♪

こんにちは!

NPC神奈川日産中央店 吉原です

先日このような認定証をいただきましたsmiley

マスターテクニシャンHITEQというものです!

 

私ども中央店から

吉原と小林の2名です♪

念願叶ってようやくココまで来ることができました。enlightened

廻りのみなさんの協力も無ければ取得することができませんでした
ほんとに感謝ですcrying

名に恥じぬよう日々頑張っていきたいですね

↑このようなワッペンもいただきました♪

普段着るつなぎに付けることができるので付けちゃいます(^^!)

そもそもなんだコレはと、思う方もいると思うので説明してみましょう

安心の技術
「匠の証」安心の技術力とまごころの応対
クルマを知り尽くしたプロが、全国の日産販売会社に約17,200名 (内マスターテクニシャンは約330名) (2016年11月現在) 。
最新の機器を使っておクルマの点検・整備を実施します。

匠を目指す「日産サービス技術修得制度」
『日産サービス技術修得制度』と呼んでいる独自の厳しい制度を設けて
常にお客さまに満足いただける『技術力』と『応対力』の修得を心がけております。

マスターテクニシャンの説明図

テクニカルアドバイザー1級:お見積りから事故対応まで、どのようなご用命でもお客さまにご満足いただける、サービス対応のスペシャリスト。
テクニカルスタッフ1級:難解な不具合にも的確に対応できる、自動車整備のスペシャリスト。
国家1級自動車整備士:自動車整備国家資格の最高峰。最新技術への対応力、高度な総合的故障診断技術・問診技術などが求められる。

HITEQマスター
新技術や新機構を含め車両全般の知識を持ち効率的に故障診断/修理ができる『総合故障診断のエキスパート』がいます。加えて、お客さまにも安心/信頼と納得を
いただける対応ができ、且つ後輩指導を通じて会社全体のレベルアップも図っています。新技術の修得や技術力を低下させないよう3年ごとの更新試験があります。
マスターテクニシャンとは
日産自動車では、「お客さまにご満足いただけるカーライフのご提供」をテーマに、テクニカルスタッフ(自動車整備士)の育成に力を入れています。
その柱となる取組みに「日産サービス技術修得制度」があります。集合教育、現場教育、通信教育、技術能力要件評価などを経て、学科と実技からなる資格受験を実施。
その最上位の資格、日産TS 1級・日産TA 1級と国家1級整備資格をすべて修得した人に与えられる称号が「マスター
テクニシャンHITEQ」です。 技術や新機構に精通しており、短期間で故障の原因を的確に特定・修理できる、総合故障診断の
第一人者で、全国に約300名しかいないスーパーエリートです。
「マスターテクニシャン」の育成を通して、さらなる整備技術の向上とお客さま満足度の向上を目指しています。

日産自動車ホームページ引用。

なかなか大変なわけで。。。。

日産資格それぞれ1級とHITEQという試験と
国家1級整備士の資格も取得しなければならなく
この国家1級がなかなか大変で・・・・
分厚い教科書が何冊もあって・・・覚えることがたくさんでした(汗)
教科書の隅に書いてある文面が出題されたりで、もう若くないのでなかなか覚えられえませんでしたね(笑)

ホントに頑張りました!仲間でもありライバルでもある小林さんがいたから取れたのかもenlightenedココで満足しないよう更なる技術力向上目指して頑張っていきます!

ディーラーのメカニックである以上、新型車の勉強も怠れませんのでホント日々勉強ですenlightened
もちろんニスモパーツやニスモロードカーの勉強もしてますし!
特に最近電気自動車のリーフが想像以上に売れてますかね!
新しく発売されるリーフNISMOは非常に楽しみですね

コメントは受け付けていません。