V36スカイライン2.5L Sチューンサスペンションにプラスするのは・・・(NPC東京)

NPC東京 小山です

本日から 夏休みです (笑)

初日の 今日は

V36スカイラインに

NISMO Sチューンサスペンションを

取り付けましたので

アップしたいと 思います (^^)/

NISMO Sチューンサスペンション

愛車を カッコ良くしたい時

やっぱり 車高は 落としたくなるもので

その時

必ず 選択肢の ひとつに 上がるのが

この Sチューンサスですよね!

この Sチューンサスペンションを

選ぶ時に

欲張っておきたいのが

サスペンションシステムの 構築です

日産車に 特化した

NISMOだからこそ あるのが

パーツラインナップの 多さで

そうしたモノを 追加する事で

+1では 無くて

X2にも X3にも なるんですよ(乗数)

今回

サスペンションの ご相談をされたのは

V36スカイライン

使用年数も それなりに 経ち

足回りの へたりを 感じていた

オーナーさんは

Sチューンサスを 選択されました

Sチューンを 付けるのであれば

絶対 これを 付けた方が良いと

強く お勧めしたのは

サスペンションシステムへの

仕様向上

NISMO スタビライザーの 装着です!

Sチューンサスペンションと

NISMOスタビライザーの 同時装着は

それぞれが

それぞれを 補い合いますので

まーとにかく ベストです!

Sチューンサスペンションを

装着しただけだと

もの足りなさを 感じる オーナーさんは

たぶん いるんじゃないかと 思いますが

スタビが 入る事で

きちんと

ロールが 抑制される様に なります

ロールが 減ると

サスペンションが 強化されたような

印象とも なるので

いわゆる ヨーロピアンテイストな

サスペンションとも なっていくわけです

V36の 場合

ベースグレードに より

タイヤサイズが 違ってきますので

最終的に そこで 味付けされ

グレードに 見合った

サスペンションシステムとして

溶け込んでいきます ’`ィ(´∀`∩

 

 

コメントは受け付けていません。