E12 ノートNISMO S スポリセTYPE-3

こんにちは、ケインズファクトリーの丹野です。

梅雨も明け強烈な暑さの中皆様いかがお過ごしでしょうか、、、。

今回は今話題のE12 ノートNISMO SにスポリセTYPE-3を取り付けましたのでご報告です。

ノーマル状態です。

写真では写っていませんが皆さんご存知の通り、吸気口は左ライト後ろにあり、

どうしてもエンジンルーム内で温かい空気を吸ってしまうでしょう。

ユニットを交換。

交換作業です。

まずはスロットルの交換です。

アダプターを使用します。インマニ口は加工するわけではないので、インマニ口径に合わせテーパー状態に加工されたアダプターです。

ノーマルとの比較です。

比べてみると口径の違いがおわかりだと思います。

アダプターで絞られることになりますが、、、試運転が楽しみです!

超軽量なドライカーボン吸気ダクトは大きく曲がり、フロントグリル右側に向いています。

ダクトがエンジン前を通るため、メンテナンス性はある程度犠牲になってしまいますが

性能向上には多少の犠牲は当たり前ですよね笑

バンパー裏のラジエターガイドに大きく穴を開けて吸気させます。

フレッシュエアを思い切り吸えるので、これは期待できます。

完成です。

試運転してみると中間からの吹け上がりが鋭く、一気にタコメーターの針が跳ね上がります!

パワーが持続するので、気をつけないとオーバーレブしてしまいそうです笑

フィーリングとしてはピックアップが良くかなり、エンジンを元気にした感じといいますか。

ただし元気すぎて乗りにくいわけでもなく、そのあたりは高度なチューニングがされているのではないでしょうか!

取り付けは大変ですがこれはお勧めだと思います!!

コメントは受け付けていません。