松田次生xCPV35(噂のニューマシン編)

NPC東京 小山です

今年も そろそろ 終わりますね

2020年 最後の ブログです

ある日 突然

当店に やってきた CPV35

スカイラインクーペ

ご依頼内容は 中古車購入後の 点検整備

オーナーさんは

読み進めていくと

分かるかと 思います (笑)

最初に チューニングしたのは

NISMO製 リヤスポイラーの装着!

サイズは 十分に 大きなモノですので

エアロ効果は

あるんじゃないかと 思いますが

大人びた 印象の スカクーが

一気に 若返る様な 効果もありますね

点検を していくと

タイヤは 完全に 逝ってますね

こうした トレッド面の ひび割れは

車両を 横から見てるだけだと

気がつきませんが

タイヤの寿命を 越しています

余談ですが

中古車を 購入する際

展示されている クルマというのは

ほとんど 動きませんので

タイヤの 同じ面が

ずっと 車重が 掛かったままになっており

タイヤの内部が 変形している事があります

なので

タイヤの 溝があるとか

そういう基準では無く

中古車買ったら わりとすぐに

タイヤなんかは

交換しちゃった方が良いですね

CPV35の タイヤを 交換しますが

新しく インストール されるのは・・

もちろん! ミシュランタイヤ!!

PS4Sを 使用します

なぜ

もちろん ミシュランなのかと 言えば

オーナー氏が

いわば ミシュラタイヤの プロで

何から 何まで

よく知ってる人だからですね (笑)

ただ 実際

CPV35と ミシュランの 相性は良く

こうした 高速道路を

ハイアベレージな 速度で

走り続けられる クルマであれば

PS4Sという 選択は 悪くないです

ハイグリップタイヤの 市場と同様に

こうした 大排気量ツーリングカー用の

タイヤの 市場にも

各タイヤメーカーの 最新技術が

投入されており (速度が高い事に起因する)

国産タイヤは わりと 車重と パワーに

合わせた剛性感が フィーリングに出るので

ミシュランは

そこで ミシュランならではの

特徴が出るタイヤとしての

存在感が あります

そして 中古車でも あるので

オイル類は すべて 新しくしておきます

オイル類は もちろん!

モチュールを 使用します!

なぜ もちろん モチュールなのかといえば

オーナーさんが

いわゆる モチュールの プロで

何から何まで

モチュールの事を

よく知ってる人だからです(笑)

個人的に V35で好きな所の ひとつに

この 純正ナビが あります

使わないときは こうして

どこにも ナビは 見当たりませんが

この スイッチを 押すと・・

なんと

電動で 上がってきます (こーゆーの大好き)

しかも!

こうして 押したりすると

見やすい 位置に 倒れたりして

けっこうちゃんと 考えられてんですよ!

ナビゲーションが 内装デザインの

バランスを 壊さないよう (後づけ感)

よく考えらてますよね

 

そして 納車日

当日 現れたのは・・

我らが 松田選手!!

そうです!

松田選手 2台目の CPV35です!!

サーキット練習用に 購入した

黒いCPV35に 乗り込んでいくうち

CPV35が 好きになっていき

街乗りにも もう1台欲しいと

中古車を 物色してる うちに

この 白い スカクーと 巡りあったんですね

実は このV35スカイライン

みなさん あまりご存知ないかと 思いますが

V35から 採用された

FFプラットフォームという 方法論を 作り

(フロントミッドシップです)

V35スカイラインを 生み出したのは

R35GT-Rの 生みの親でもある

水野さんなんです

水野さんが 考える

FR車でありながらも

前後バランスの良い フロントミッドシップを

実現させた最初の クルマが

このV35シリーズで

このクルマの 延長線上に

トランスアクスルの R35GT-Rがいます

松田選手は きっと その事は

知らなかったと 思いますが

GT-R NISMOで

筑波での 分切りを 実現させ

GT3から GT500のGT-Rまで

R35GT-Rで

戦っている 松田選手には

きっと 何かが 伝わっていたんだと思います

CPV35を 納車した 翌日

松田選手は

スーパーGTの 最終戦に 向かいました

最終戦の結果は

みなさん ご存知の様な 結果となりましたが

2020シーズンに

松田選手が 魅せた 鈴鹿での 2戦の優勝

火のような タイムアタックで

あれだけの クラッシュがあってからの

劇的な優勝は

まさしく 松田次生が 見せた奇跡だと思います

今年

日本中の ひとたち 全員が

先の見えない 不安で 怯える日が 続きました

レースも開催されない そんな日々

松田選手は CPV35と 出会い

走り続ける事で

自分は 立ち止まっていない

いつでも スピードのその先を

見続けているんだと

僕たちに 勇気を くれていた気がします

 

 

コメントは受け付けていません。