GTRプレステージカップ王者 GT3へ挑戦!(富田竜一郎選手)

こんにちは!

NPC プリンス東京 モータースポーツ室 小山です (^^)

本日は

当店の お客様の 富田竜一郎君を 紹介してみたいと 思います!!

みなさんは

NISSAN GT-R プレステージ カップを ご存知でしょうか? (^^)

R35GTR CTE (クラブトラックエディション) を 使用した

日産GT-R だけの カップカーレース

それが プレステージカップです

いちばん 分かりやすいので いくと

ニスモ フェスティバルで Zチャレンジなんかと 一緒で 模擬レースが あったりしますよね?

NISSAN GT-R の 市販状態に 一番 近い R35GT-R が

オーナードライブで レースを 行うのが この プレステージカップです^^

022

彼は プレステージカップが 始まってからの 連続チャンピオンで (3年間)

今では その 速さは 誰もが 認める ところなんですが

最初は いきなりの その速さに みんなが ビックリしましたね!(笑)

彼の お父さんが SSCTの 会員さんで

MY08型の NISSAN-GTR に 乗って 走行会などに 参加しておりました

お父さんの 走りも これまた 凄くて (笑)

昨年末の SSCT走行会でも トップタイムを 出したりしてるんですが

CTE が 発売されるに あたり

当初は ご自分で 乗る予定で 購入されていた はずですが

竜一郎君が 乗ってみたら これがまた メチャメチャ 速くて

プレステージカップは 当初から 彼が 参戦していました^^

088

よく

レーシングドライバーを 目指し

幼少期から レーシングカートなんかを やってる 親子さんとか いますけども

竜一郎君の 場合

そうした 経験は まったく ナシ!

当然 レースの 経験も この プレステージカップが 初めての 経験でした (^^)

富田選手1

R35GTR での その 速さの 実績から

昨年 スーパーGTの タイラウンドに 出場

GT3の NISSAN GT-R で GT300の ファーステストラップを 記録!

そして 今年度は

ゲイナーチームの 10号車 NISSAN GT-R NISMO GT-3 にて

菅生と タイの 2戦に 出場する事が 決まりました^^

富田選手2

若くて イケメンな 彼なんですが (笑)

ボクが 推すのは そこでは ありません (笑)

NISSAN GT-R の カップカーレースからの ステップアップドライバーで あり

カートからの 実績が どうとか そーした ドライバーな ワケでも ないんですね

R35GTRに 育てられ

R35GTRで 速くなった

いわば 生粋の 35乗り ドライバーな ところです (^^)

グループA の 32Rが なぜ 今でも 輝いて 見えるのかと 言えば

やはり 市販車に 近い その フォルムが

実際の 僕たちの GTRと 重なるからで

僕らの GTRも それと 同じ 速さを 持つことが グループA を 通して 見れていた。。

そんな 心境が あったんだと 思います^^

現代の GTカーは

レギュレーションの 違いから さすがに そうは なりませんよね

ホンダなんか 売ってない クルマとか 走ってるし (笑)

けれども

CTE による プレステージカップは

シャーシから エンジン 駆動方式など

ほとんどが 市販の R35GTR と 一緒で

いわば 僕らの R35GTRの 最速戦の 代表的な レースなんですよね

そこで 育った レーシングドライバーで あれば

35GTR 乗りの 代表の レーサーみたいな もんだと 思います^^

NDDP や GTアカデミーや

いろんな アプローチから ニスモ ワークスドライバーに なっていく 選手達が いますが

35カップレース チャンピオンが

いつか ニスモワークスの 一翼を 担えるように なれたり するのならば

とても 夢の ある 話に なっていくとも 思えます (^^)

Z チャレンジ レーサーが

ニスモ ワークスでも いーんですけどね (笑)

そんな ワケで (笑)

ぜひ スーパーGTを 見に行く ファンの 人たちは

ゲイナーの GT3にも 注目してみて 下さい^^

35出身の ドライバーが 操る GT-R NISMO GT3

たぶん

僕らに 一番 近い GT3 ドライバーだと 思います (^^)

330423

コメントは受け付けていません。