NPC福岡 R35GT-R VersionUp その3

みなさんこんにちは。

 

お変わりありませんか?NPC福岡はお変わりあります

一つ目は今年のオートポリスゴールドカップレースが終了した事。

二つ目はNPC福岡の新人がNISMOマイスター研修を終えたこと。

季節が変わり、環境も変わる。

ちょっと物思いにふける秋でした。

さて、シリーズでお送りしております『NPC福岡 R35GT-R VersionUp』も今回で最終回となります。

今回は前回お伝えしましたとおり、サスペンションのバージョンアップとスポーツキャタライザーの施工となります。

では早速

kimg0384

まずは下回りのパネル類を外していきます。

kimg0386

そして、交換部品のひとつであるスタビライザーを外します。

kimg0390

こちらが既設のサスペンション。

多少の使用感はありますね。 kimg0406

こちらが交換したOHLINSサスペンション。ピカピカしてますよね。

併せてリンク類も交換となります。

 

kimg0409

お次はリヤ。まずは内装を取り外しまして

バージョンアップに伴ってパーセルボードに穴加工が必要になる為、GT-R整備士自作の特殊工具を使って穴位置を出しております。

kimg0412

このような感じで上側からはワイヤーロッドが伸びてきます。

パーセルボードを取り付けた後にダイヤルを取り付けて、その後は減衰力のマニュアル調整が可能になります。

kimg0413kimg0414

リヤにもバッチリピカピカのOHLINSが取り付けられました。

kimg0417

その後は四輪アライメントテスターにて調整。

どんなに素晴らしい部品を装着しても、アライメントが取れていなければ意味がありません。

高精度のテスターと整備士の腕が会話をする時間ですね。

 

最後はスポーツキャタライザーの取り付け。

kimg0387

まずはプロペラシャフトとサブマフラーを取り外します。

imgp8038imgp8037

更にフロント触媒まで外します。

kimg0392

ここにスポーツキャタライザーキットのフロント触媒を取り付け。

ッ!?何か見えますね!!

kimg0395

何とこんな奥の見えないところまで、NISMOプレートがついています。

imgp8040

その後はサブマフラーまで取り付けて。

これにてR35GT-Rのバージョンアップは完成を迎えました。

 

今回お客様にご依頼頂いた作業は、我々にとっても特別な事のひとつです。

と言いますのは、R35GT-Rは現行車両でありながら毎年進化を続けている車両になります。

あるイヤーモデルを購入後、長く付き合っている愛車の進化を我々にご依頼いただく事の意義を改めて感じる事が出来ました。

これからも技術力だけでなく、お客様の気持ちに応えていきたいと思いました。

 

ニスモパフォーマンスセンター福岡

安倍 庸平

福岡市博多区豊一丁目10-33

092-441-8311

日産プリンス福岡販売株式会社 安倍 庸平

コメントは受け付けていません。