NISMO 380RS エンジン修理

NPC東京 小山です (^^)

本日は

NISMO 380RS エンジン修理です

380rs

皆さんは NISMO 380RSを ご存知でしょうか?

Z33 フェアレディーZ

バージョンNISMOに あった 特殊限定グレード

それが 380RSです

300台の 限定車だったん ですが

その理由が

専用エンジンと された VQ35HR改 3800cc

レーシング デチューンエンジンの 供給が

300台分のみ だから。

そんな スパルタンな 理由が

この Zを 希少車として います

img_6877

当時 ニスモコンプリートカーとしては 特例的に

一般の 日産ディーラーで 購入することが 可能で

その おかげも あってか

380RSは

日本全国で オーナーさんが 広くいたのも 特徴ですね

そんな

汎用性が 高そうな スポーツカーぽかった ものの

実際の 走りでは

BNR34GTRの ブーストアップ程度であれば

ノーマルの 380RSが ぶっちぎる

そんな 性能の 高さが

日本各地の サーキットで 見られるように なり

時を 同じくして

ニスモフェスティバル チューナーズバトルから Zマスター

Zチャレンジへと

フェアレディーZが サーキットでの 速さを

メキメキと 力を つけていく 中心となった 車両です (^^)

実際

サーキット走行では

まさしく FRの スカイラインGTRの ような スポーツカーで

一度 その 楽しさを 味わうと

決して 忘れられなくなる

パワフルで

素晴らしい ニスモコンプリートカーなんですよ~!

img_6885

そんな 380RSなんですが

380RSには 2つの 顔があって

ひとつは レーシングZの パーツが 使用された

ハイパワー ニスモコンプリートカー

もう ひとつは

Z33 バージョンNISMOとしての 顔です

バージョンNISMOは 日産純正の VQ35HRが 搭載されている 車両で

380RSは

この バージョンNISMOが ベースに なっているワケなんです

380RSを メンテナンスしていく 時

あくまで バージョンNISMOの 派生モデルとして メンテしていくのか

はたまた

専用レーシングパーツが おごられた

ニスモコンプリートカーとして メンテしていくのか

通常の ディーラーで 販売されていた 車両ですから

当然 そうした 説明は されていなかった ハズで

ただ

そうした 部分を 補えるように

専用の 新車無料点検が 当時 設定されており

ニスモ エキスパートショップでのみ

その 無料点検が 受けられました

(当店の380RS専用メニューは、そうした点検がベースとなっています)

この 点検から

ニスモコンプリートカーの 世界に 入っていった オーナーさんが

多かったのでは ないかと 思われます

img_6884

ニスモ コンプリートカーの メンテナンス方法はと いうと

その 高性能を 維持する為

様々な 決まりごとがあり

これは 400Rでも Zチューンも 同様で

380RSの 場合

エンジンに 不具合が 発生した場合

エンジンASSYでの 交換が 基本となっています

色々な 理由が あるんだと 思いますが

VQ35HR改の 場合

アルミエンジンなんで これは 妥当でしょうね

現在 もう1基

修理を 行っていますが 分解して 組み立てていくと

それは よく 分かります

img_6899

オーバーヒートから

珠玉の 3.8Lエンジンを 損傷してしまった 380RS

これで 元通りに 走れるようになりました (^^)

 

380RSが リリースされてから そろそろ 10年経ちました

Z33フェアレディーZ として リフレッシュする事は もちろん

ニスモコンプリートカーとしても

そろそろ リフレッシュする 時期に来ている 380RSは 多くなっています

いまだ サーキットを 走る Zの中でも

最速を 誇る NISMO 380RS

スカイラインGTRと 同様

現役で 現代を 生きる

名車の 1台だと 思います

 

330423

コメントは受け付けていません。