レストア研修のご紹介

こんにちは

NPC福岡の古賀です。 本日は当社が実施しているレストア研修をご紹介致したいと思います。

レストア研修とは第2世代と呼ばれるGT-R(R32-33-34)や過去の日産の名車を蘇らせる過程を、当社入社2年目のテクニカルスタッフ(TS メカニックの事です)に体験してもらうというカリキュラムです。 メカニックとして匠になる、「わくわく」を感じ取りそれをお客様に伝えることができる様になる事が目的です。 現車をみて、作業計画を立て、自らの技術で走行できるまでにする。もちろんNPCのスタッフが監修しながら実施していきますが、基本彼らの自主性に任せて1年間やっていきます。

まずは念入りに打ち合わせ。

エンジン、サスペンション、ボデーに至るまでチェックをし、作業計画を立てていきます。

コンピューターで部品の構成をチェック、部品の在庫を調べていきます。しかしここで問題が 日産に在庫がない。

ご安心ください。今後ニスモは第2世代オーナー様に、できるだけこのような状況に対処できるようデリバリーを強化する予定です。

さらに古い車出現、この車50年が経過し、いたるところに不具合が、もちろんパーツはありません。修理するか作るしかありません。レストアはすでに完了しているのでレストアというより、現状維持のメンテナンス、今回はブレーキラインの詰まりによるブレーキが効かない現象。

ベンダーを使用しブレーキパイプ作成中

ブレーキのエア抜きを実施し完了と思いきや、ブレーキマスターシリンダーの圧力が足りない。

再度、マスターシリンダーオーバーホールを実施、ブレーキカップを修理しやっと回復しました。

S54Bプリンススカイライン、手がかかる車だけれど、いつも作業完了後にはメカニックとしての満足感を与えてくれる車です。

コメントは受け付けていません。