ニスモドライビングアカデミーRd.9

NPC松戸の齊藤です。

今回は富士スピードウェイショートコースで行われた「ニスモドライビングアカデミーRd.9」を見学してきたのでレポートいたします。

当店からはR35 MY14ニスモのO様とE12e-powerニスモのK様が参加!

 

この日の講師陣は今日も好調クルム校長と柳田教頭&藤井教頭!

レーサーってスタイルも含め姿勢というか立ち姿がとってもスマートでカッコイイんですよね。ぜひとも見習いたいものです。

参加車両が車種ごとに精悍に並んでおります。そしてガッツリ雨模様でスタートいたしました。実はO様のR35はタイヤ残量がかなり少なく、悩んだ結果このアカデミー終了後に交換しようという段取りだったのですが、裏目にでてしまい午前中の先導走行の時点で「ヤバイヨ~ちょ~滑るよ~」とのコメント。R35ニスモのNR1タイヤはドライグリップはかなり優れているのですがウェット性能は標準R35タイヤの方が優れているそうです。

しかし雨は上がり先導走行からマンツーマンの引っ張り走行を経てコースを攻略していくうちにドライコンディションに!

午後のフリー走行では完全ドライコンディションとなりペースもどんどん上がっていきます。

 

タイヤのスキール音とロール量からも明らかに走りが変わってきたK様e-powerニスモ。

あと当店にて申込用紙への印鑑を押させていただいたK様のマーチニスモ。なんでもドライビングアカデミーのステージ1とステージ3を1回ずつ受講して今回は2回目のステージ3参加との事。それ以外はサーキット走行されたことがないと言っておられましたが「え?本当にそれだけでここまで走れるようになったの?」と驚くほどの走りでした。ドラビングアカデミー恐るべしです!

 

そして最終的には富士ショートコースのレコードタイムを聞いて果敢にチャレンジするO様。結果は2秒ちょっと及ばずでしたが、サーキット走行回数も少なく富士ショートはこの日が初めてとはとても思えない走りでした。

あつ~い1コーナーの走りっぷりをどうぞ!(3台目)

 

今回は完全ウェット状態から徐々にドライに変化していき様々な状況を体験できた貴重な1日だったのではないでしょうか。そんななか大きなトラブルもなく講習を終えることができたのは運営側のスムーズ&セーフティな進行と受講者さんの協力があってこそだと感じました。

ニスモロードカーをお持ちの方は是非ステージ1から参加してみてください。必ず新しい発見があるはずです!!

ニスモマイスターも試乗車等で参加できたらいいのになーと、羨ましく思うNPC松戸の齊藤でした。

コメントは受け付けていません。