~R35ミッションブローからの復活~

こんにちは、こんばんわ。

NPC水戸の須藤です。

 

愛車の保有期間が長くなると、避けられないのがマシントラブル。

こまめにメンテナンスしていても防ぎきれるものではありません。

とっても個人的な意見ですが。いいきっかけと考えステップアップをする方が多いようにも思います。

「しょうがないなぁ」「だったら、ついでにこんな感じで」なんて、口実を得てちょっとうれしそうな。

今回はそんなトラブルからのアップデートのされたお話を。

 

さて、車両はこちら。

この角度からではモデルイヤーが判断しにくいかもしれませんが、09MYです。

苦労したニスモ風の赤いライン。どうでしょうか。

 

今回発生したトラブルとはミッションブロー。GR6ならでの油圧系の不具合。

修理自体はミッション分解を含む大規模なものでした。

以前よりS1エンジンメニューを今後のステップアップのスケジュールに入れており、S1施工時

ミッションのアップデートも予定していたので、このタイミングでのミッションブローは想定外。

 

そこで大森ファクトリーに相談。

ミッションアップデートの内容や費用を確認、アドバイスを頂き今回の修理方法は、、、

 

どん。

新品ミッション投入!!

理由はいくつかありますが、一番はバージョンアップしている新型ミッションになる事です。

当然ですが、シンクロやギヤ自体も新品になりまし、各部対策されているミッションですので、より安心して今後のステップアップに望めます。

費用的にも、不具合箇所の修理のみよりは費用は大きくなりましたが、S1対応アップデートと比較すると費用効果は優れていると思いますので、走行距離が多い方はいっそ新品ミッション投入のほうがいいかもしれませんね。

 

では、早速、

 

トランスアクスルなので外すのは結構あっさりしてます。

新旧ミッション。外観の違いはないですね。

デフも入れ替えです。

 

新品のファイナルには測定用の光明丹が残っていましたよ。↑

折角なので、

デフの中身も分解、清掃。カーボンプレートは1枚だと持っているかわからないほど軽いです。

そんなこんなで、ドッキング。

 

ここから新品ミッションの最大のデメリットがやってきます。

そう、それは、、、、「ナラシ

この過酷な精神修行。

僕からは「耐えて下さい」としか言えません。

慣らしが終わる春には注文頂いているフェンダーもホイールが来ますからがんばってくださいねw

 

日産プリンス茨城 水戸千波本店 須藤でした♪

コメントは受け付けていません。