NISMO 機械式LSD オーバーホール

こんにちは、2回目の投稿をさせていただきます。

NPC名古屋の成田ですq(^-^q)

今回は、スカイラインER34の機械式LSDのオーバーホール兼仕様変更の

ご紹介です。

それでは早速、分解していきますヽ(´∀`)ノ

LSDを取り出しイニシャルトルクを

測定したところ8kgfの機械式2WAY仕様でした。

今回は12kgf仕様に変更するため、LSD内部

構成部品を交換していきます。

構成部品を交換するにあたって、デフケース内部の摩耗を測定。

新品部品のプレート、ディスク類の厚みを測定し

クリアランスを計算しながら組付けていきます。

最後に、リングギヤとピニオンギヤの

バックラッシュと歯当たりを点検し完了です。

組付けが完了したので、試運転を実施しました。

最初のイニシャルトルク8kgfに比べ

12kgfの方がチャタリングも大きくなり

LSDが、より効いてる感じになりました v(^o^)

皆様もLSDの効きが弱くなったかなと感じたら

是非ご相談ください。

コメントは受け付けていません。