幻のファインスペックファイナルエディション200号基(NPC東京)

NPC東京 小山です!

みなさん GWは

いかがお過ごしでしょうか?

本日は リバイバルシリーズ

表に出そうと 思っては いなかった

お話を 書きます (*´ω`)っ

最近

ニスモロードカーを 購入されて

NPCブログを ご覧になりはじめた

オーナーさんは

もしかしたら 知らないかもしれませんが

スカイラインGTR用の RB26エンジンに

ニスモ ファインスペックエンジンというのが

ありました

限定基数で 数度だけ 発売され

すぐに 完売になった

お宝エンジンなんですが

RB26エンジンが 製造廃止となる前

ファイナルエディションとして

200基限定で 最後に 発売されたのが

今回 アップする エンジンです

当店でも この ファイナルエディションは

何十基も 販売しており (総数の1/4以上ある)

人気が 高いだけではなく

安定した性能で

とても リーズナブルな

ニスモの 優秀なパーツの 代表格です

今回

ファイナルエディションに 換装するのは

BNR32GTR

エンジン周りは フルノーマル

ただし 年数が たっていますので

オーバーホール時期を 検討している

オーナーさんでした

今回の この

ファインスペックファイナルエディションには

ある 最大の 特徴が ありました

シリアルNO.200

最後の ファインスペックエンジンの

最後の ラインオフエンジンなんです

ニスモ ファインスペックファイナルエディション

限定 200基中の 最後の 1基です!

まさに

お宝中の お宝!!

この エンジンを 積める というのは

言葉に出来ないほどの 喜びがあります

完成した

愛機 BNR32の エンジンルームを 見て

とても 満足気な オーナー氏

エンジン換装を 担当した

杉本メカニックに

200号基に サインをして欲しいと

おっしゃって 頂いたので

杉本の サインが 入りました (*´ω`*)

ファインスペック エンジンの

販売が 終了してから

もう 結構 たつんですが

いま 考えても

とても 良い エンジンだったと 思います

手で 組まれた エンジンというのは

必ず 個性が あるんですが

この ファイナルエディションの 個性は

質感の 高さが 特徴でした

S2や R2の チューニングエンジンとは 違い

ベアエンジンとして 販売されたので

日本全国 どこの ディーラーでも

載せる事が 可能だったのも 良かったですね

こうした 限定エンジンと いうのは

高値で 販売する とこも 出たりするんですが

(完売後 2倍の金額で 売られてました)

良いモノ を 手に入れるというのは

お金が どうとか

そういう事では なくて

縁というモノが 無ければ

本当の意味で 手に入れられないと 思います

ファインスペック ファイナルエディション

シリアルナンバー 200号基

この エンジンが 積まれた 32GTRは

まさしく 永久不滅と なったと 思っています

 

 

コメントは受け付けていません。