ノートe-Power NISMO 待望のOHLINS全長調整式サスペンション

皆さん、はじめまして

NPC名古屋の朝日と申します!

人生初のブログ書き込みです!

日本語がおかしなところが多々あるかもしれませんが

宜しくお願いします!

さてさて

2020年2月やっと発売になりました

マーチ&ノート用全長調整式オーリンズ

今回はノート e-Power NISMO S への

取り付けをしながら自分なりに

オーリンズDFVバルブがもたらす恩恵や

NISMOチューニングならではの特性を

少しでもお伝え出来ればと思います

今回のお客さまは他メーカー製の

全長調整式サスペンションから

代替えというカタチでの取付となりました

取付前に部品ひとつひとつを見ると

さすがオーリンズ!

クオリティの高さを感じます(#^.^#)

サスペンションキット同梱の

サービスマニュアルを確認し予習

一部、純正部品を使用する箇所があります

今回は使用過程中の部品を再使用せず

新品部品を使って組付けを実施しました

参考までに追加交換の新品部品代は

消費税を含め 約2万円です

今まで装着していたサスペンションを外し

オーリンズと新品の純正部品で組付け

交換作業の難易度は高くありませんが

スプリングのプリロード調整

ロア側ブラケットの高さ調整

スタビ連結ロッド用ブラケットの高さ調整

ショックアブソーバー減衰力調整

この手のサスペンションは調整機構が沢山

当然、お約束の『とりあえずの一発目』に

困るところがですが…しかし

『NISMOオーリンズ』は違います!

NISMOロードカーを知り尽くした

プロのドライバーが膨大な時間を掛けて

あらかじめ推奨のセッティングを

出してくれているんです!

正直、本気で助かりました…(^_^;)

更に特筆すべき点は

フロントキャンバー角の変更です!

本体ロア側ブラケット穴の位置が

ネガティブ側へ変更されてますので

面倒な調整をすることなく

ノーマル比で1°以上倒れます

サスペンションキットを組付け後

軽くアライメントをチェックし

いざ、ロードテストへ!!!

公道なので危険な走行は出来ませんが

コーナーの進入から立ち上がりまでの

嫌な沈み込み、跳ね返りがなく

ドライバーにストレス与えない!

凹凸路でもあまりクルマが跳ねず

タイヤの接地感を安定して感じました

トータルの印象は開発コンセプトの通り

NISMOロードカー標準装着サスと

サーキット・タイムアタック用サスの

『ちょうど中間』の乗り味となり

カタ過ぎず、ヤワらか過ぎず

しっかりとした感じで

個人的には、かなりお奨めです!

『もっと詳しく話を聞いてみたい』と

思ってくださった方、お問い合わせの

御連絡お待ちしております♪

朝日でした (^-^)/

コメントは受け付けていません。