スポリセタイプ3 vs 純正コンピューター(NPC東京)

NPC東京 小山です

満を持して 発売された

スポリセタイプ3

乗ってみました

車両は 前期ノートNISMO(S)

チューニング内容は

NISMOチタンマフラーと

NISMOクラッチ

NISMOオーリンズは

すでに 装着済

今回は ここに スポリセ3を 導入です

NISMOロードカー オーナーさんは

間違えないで 頂きたいのは

すでに 純正セッティングが

ノーマルノートとは 違い

チューンドエンジン プラス

チューニングコンピューター仕様と

なっており

購入した状態で

すでにスペシャル仕様なんですよね

特に K13改と E12改の

HRエンジンチューニングは

日産自動車の方で かなり 上手く

特性が 分けられていて

非常に ポテンシャルは 高いです

特に HR16改の方は

純正の状態で すでに

チューンドエンジンと 言えます

マーチNISMOの HR15は

トルク型に セッティングしてあり

それに 対する

ノートNISMOの HR16は

高回転の 伸びが 出るような

セッティングに なってます

この 良さを

更に 伸ばしていくのが

スポリセ3の 特徴で

高回転で もっと パワーが出る様に

ビッグスロットルが 入るワケです

この効果は NISMOが 想定している通りに

劇的な 変化を 持たせますね

低中速での 太いトルクと

レッドゾーンまで 一気に回る

高回転域

NAエンジンの

コンピューターチューニングとしては

きっちり 効果が 体感できる

優れた パーツです

ただ

この 効果を 得るには

NISMOマフラーと

軽量フライホイールは

必ずあった方が いいです

シフト操作を 細かく 刻み

高回転で 回し続けていると

純正クラッチだと

滑りも 出そうなんで

この 2点は マストアイテムでしょうね

それと

これだけ 上が回ると

高回転域での トルクダウンに

不満が 出てきます

そのあたりは

NISMOも 考えているでしょうから

スポリセ3に 続く

ニューアイテムに 期待ですね!

ノートNISMOの 様な クルマは

距離を 乗ってる クルマが 多いので

こうした チューニングの 際には

スパークプラグの 交換(純正でOK)

エアエレメントの交換など

パワーアップに 対応した

メンテナンスも 必須だと

覚えておいて下さい

それと

スポリセ3に チューニングしたならば

エンジンオイルは

NISMOコンペに 変更しておいた方が

良いと思います

こうした アドバイスは

各NPCの 担当者と

事前点検の 時にでも

よく話すと 良いと思いますよ!

この スポリセ3は

MN-CTなんかでも

テストされていて

間違いなく

サーキット走行から

フィードバックされた

エンジンチューニングです

オーナーさんにとって

満足度の高い

NISMOチューンの ひとつになりますよ!

 

 

コメントは受け付けていません。