中四国NISMOショップ合同走行会 回想

NPC香川からの過去歴

過去歴を見ていたらNISMO商品取扱店になって今年で20年近く経過していた事が判明しました。

2004年3月に「NISMOスポーツショップ」オープニングイベントを開催し

正式にNISMOショップの仲間入り。(それまでは、NISMO商品取扱店状態)

その年のGTレースでは、「R34 GT-R」から「フェアレディ Z ]に参加車両が変更されていました

 

そんな時の、2004年

第一回「中四国NISMOショップ合同サーキットミーティング」

10月24日(土) 岡山国際サーキットで開催しました。

この時、サーキット名称は「Tiサーキット英田」だったようです。

 

初めてのサーキット走行会開催に当たり、岡山国際サーキットの方々、

NISMOの応援スタッフ。ならびに

プリンス広島、サティオ岡山、サティオ島根の4社のNISMOショップスタッフ合同で

参加台数35台と少ないながら無事に開催できました。

NISMOよりお借りしたデモ車

 

講習内容は

ホームストレートを使ってフル加速、フルブレーキ、パイロンスラローム

毎回、ジムカーナ形式で走行後に、講師からアドバイスを受け再度トライ

講師は3名

田中哲也選手。桂伸一選手。菊池靖選手

 

第二回「中四国NISMOショップ合同サーキットミーティング」

この時は2005年11月26日開催で、講師は

柳田真孝選手、砂子塾長、菊池靖選手

特別なゲストは、スカイラインの父親『渡邉衡三氏』をお迎えしていました。

参加台数は59台

ピットロード、サーキットを、反時計回りに使ってジムカーナ形式の基礎講習の実施

柳田選手の初々しいこと・・・

 

第三回「中四国NISMOショップ合同サーキットミーティング」

第三回は、2006年11月18日(土)開催、

参加台数 : 48台

同時にNISMO主催の「Zスクール」をミニコースで開催

 

合同サーキットミーティングの講師は

砂子塾長、青木孝行選手、菊池靖選手の3名

この時は、NISMOからのケータリングサービスがあって、来場者も暖かい食事をとることが出来ました。

VIP気分で食事でした。

 

参加車両も、バラエティにとんで現在も参加条件に合わない車両も・・・・特別参加で

終了間近には、Zスクールの皆さんが先導車の後に勢ぞろいして、フルコースの試走

 

第三回2006年「中四国NISMOショップ合同サーキット・ミーティング」は午後から小雨が降り

路面コンディションが悪くなってきましたが

大きな事故もなく閉幕できました。

今回はここまでにしておきます。

次回、第四回以降のレポートも何回かに分けて致します。