R32GT-Rリフレッシュ②

こんにちは
前回の続きです。
エンジン本体は
R34N1に決定
R32にR34エンジンを載せるにあたっては
フロントデフの移植
クランク角センサー(R34用)交換
クランク角センサーハーネス加工
ウォーターホースコネクタパイプの交換
等が追加で必要になります。
P1040799

補機類を移植していきます。
インテーク側
P1040794
左上に写っているのが
エアレギュレータ
冷機時のアイドルアップの為の部品です。
これが壊れてしまうと
北海道ではつらいですね。
回転があがらないだけでなく
プラグかぶりなども引き起こしてしまいます。

インテーク廻りを分解するときは
一緒に新品インストールですね。
P1040797
P1040798
インテーク完成
P1040801
タービンはR34スタンダードを選択
アウトレットはNISMO製
低速から効く仕様を狙います。
P1040802
新品タービン&アウトレット
カッコイイですね。
次回は搭載をレポートします。
プリンス札幌
NISMO P‐STAGE

内藤でした。
内藤雄一

コメントは受け付けていません。