2015 GT-R!トラックエディション試乗!

プリンス東京 モータースポーツ室 小山です (^^)

本日は

話題の NISSAN GT-R ニューグレード!

15MY トラックエディション (engineered by nismo)

試乗記を アップしたいと 思います^^

IMG_1406

モータースポーツ室に ご来店された 方は

ご覧に なったかと 思いますが

展示車だった 15 トラックエディションに 乗ってみたんで

その 感想などを 書いてみたいと 思います^^

なお

掘り下げた 専門的な 使い方などの 詳細は

当社 モータースポーツ室 日記の方に 書いていく予定です (濃いんで・笑)

IMG_1410

まず トラック エディションとは どういう クルマなのか!?

みなさん お分かりでしょうか^^

トラックとは いわゆる サーキットで

言葉通りに 繋げれば サーキット仕様 と いった グレードと なります

13年モデル までに 存在した トラック パックと どこが 違うのかと いうと

トラックパックが まったくの ノーマルグレードからの パッケージだったのに 対し

トラックエディションは ブラックエディションが ベースに なり

高級感の ある 普通に 使用できる GT-Rからの 派生グレードと なった事でしょうか^^

13 トラックパックまでは

軽量化や 足回りの 充実に 伴い やはり 得意とするのは サーキットで

わりと そこに 特化しているのが 分かる グレードでした。

それでも そんなに ハードに 感じなかったのは

13年モデル までの NISSAN GT-R 標準車たちが

標準車で ありながらも

そのままが サーキット モデルのような 乗り味を 持っていたからだと 思われます

14年モデル からの NISSAN GT-Rは

標準車と サーキットモデルとの 違いを はっきり 打ち出し 始めました

標準車には より ストリートでの 使用しやすさや 高性能を 楽しめる 工夫が なされ

サーキットモデルには GT-R NISMO が 用意された ワケです (^^)

しかしながら

サーキットモデルで ある GT-R NISMOは

惜しまれつつ 受注を 終了しました。

15年モデル と なった NISSAN GT-Rは 14年モデルから さらに 仕様向上が なされ

標準車は 14モデル よりも ストリート性能を 含む 全体的な 熟成度が 増し

GT-R NISMO の 代わりの サーキットモデル として

この

トラック エディションが 誕生したわけです! (^^)

IMG_1409

まず 15年モデルに 乗って

最初に 気づくのは シフトノブの 操作方法が 変わったこと。

今までの ように

オートマチック車両的な プッシュ リリースから

手前に 押し下げる リリース方法と なりました

これは 誤操作 防止などの 意味も あるんでしょうが

今までよりも ひとつ 動作を 加えなければ 動きませんので

ここが また なかなか 良いんですよ~!

これから GT-R を 走らせるぞ! という 気持ちに 切り替わるんですね!

ちょっとした 戦闘機チックな イメージにも なるんで

個人的には 非常に よろしいと 思います^^

IMG_1407

15MY トラックエディションを 走らせて みると

引き締められた 足回りと 驚くべき ボディー剛性に 圧倒されます!

足回りに 関しては それまでの 歴代モデルの 足回り との 比較が 出来るんで

(当店では スペックVまで 扱えます)

予想した 通りの イメージでしたが

ここに GT-R-NISMO 採用の ボンディングボディーが 組み合わさると

これがまた 圧倒という 言葉が ピッタリきます!

15MY 標準車との 比較を すれば

まさに サーキットモデルで あり

まるで 違う クルマに 乗っているかの ような 印象さえ ありますね~!

標準車が 30口径の スナイパーライフルだと したら

トラックエディションは まるで

50口径の スナイパーライフル みたいな

そんな 感じです (笑)

分りにくい 例えだと 思いますけど (笑)

より 高性能に なった 15MY GT-Rに 新しく 加わった

トラック エディションは

間違いなく GT-Rファンに 満足して 貰える GT-Rだと 思いますよ!

330423

コメントは受け付けていません。