MC後 Z34 ニスモクーリングメニュー(エンジンオイルクーラー)

こんにちは!

NPC プリンス東京 モータースポーツ室 小山です (^^)

本日は

国産 高級スポーツカーの 代名詞!

フェアレディーZ に 装着可能な 定番 ニスモパーツの ご紹介です!

現行型 フェアレディーZ を 購入されて

最初に みなさん

どこに 手を入れたいと 思いますか?

よく 購入された お客様から そうした 質問を 頂きますが

その際に 一番 多く アドバイスさせて 頂いているのが クーリング対策です^^

3700cc の 300馬力オーバーの 高出力エンジンは

想像以上に 高温に さらされている事が 多く

それは なにも サーキットに 限った事では ありません。

まぁ

だからと いって

壊れてしまう ものでも ありませんが

温度上昇が さまざまな ところに 影響してしまうのは 事実で

例えば

ノーマルの Z34型 フェアレディーZ で サーキット走行を したとします。

極端に 寒い季節を 除くと

サーキット走行を 始めて 数周で エンジンが 吹け上がらなく なったりするんですね

これは エンジン油温の 上昇から

車両を フル制御している コンピューターが エンジンの 損傷を 抑える為に

セーフモードへ プログラム変更を してしまうからです

これは プロドライバーが 乗っている ワケではなく オーナードライブでの お話です

ストリート使用で あれば

そこまでの 高回転 連続使用は 無いものかと 思われますが

基本的な 温度が 高い事には 変わりが ありません

フェアレディーZ を 購入し

今後 手を入れて いこうと するのであれば

クーリング関係を 充実させて

まずは 高性能を 安定させて いきましょう! と いった 意味に なっていくんですね^^

IMG_1459

ニスモから 発売されている クーリングメニューは

4つの 部品から 構成されています

エンジン油温を クーリングする エンジン オイルクーラー

デフ油温を クーリングする デフクーラー

パワステ油温を クーリングする パワステオイルクーラー

冷却水を クーリングする 大型ラジエター

なんですが

別に これらを すべて 取り付け しなきゃ いけないワケでは ありません

もし 必要性が 無いのに 装着した 場合

オーバークールという 冷えすぎてしまう 現象も 出たりしますんで

選択に あたっては

NPC スタッフと よーく 相談してみると 良いと 思います (^^)

うちは 東京なんで

例えば うちでの 例を 挙げてみますと

エンジンオイルクーラー ⇒ 必需品

デフクーラー ⇒ サーキット走行は必須 走らなくても LSD装着時には お勧め

パワステクーラー ⇒ サーキット走行のみ

大型ラジエター ⇒ どちらでも可

と いった 感じでしょうかね (笑)

サーキット走行を したくて 購入した 人であれば フルセットでの 装着が もちろん 良いです

IMG_1453

ところが この ニスモ製 エンジン オイルクーラーですが

つい 最近まで MC後 (縦型デイランプ車) への 適合が 出来ておりませんでした

そんな ワケで

新車購入してからの オイルクーラー取付けは

みなさんに 待ってて 貰って いたんですが

いよいよ MC後が 発売されましたので 早速 取付けです!

IMG_1454

ニスモ製 オイルクーラーの効果は

Z34の 場合

純正で 3連メーターに 油温計が 付いてますんで

そこで 取り付け前 取り付け後の 効果が 数値で 分ります^^

取付けされた オーナーさんたちは

その 数値で 実感が できる為 とても 喜ばれて いますね~!

IMG_1479

さー!

オイルクーラーも 付いたし!

フェアレディーZの 楽しさを

もっと 積極的に 楽しんで いきましょう~! (^^)

330423

コメントは受け付けていません。