さらば スイカ RS (Zチャレンジ外伝)

年末スペシャル 企画として

年末 連続ブログアップを 現在

鋭意 製作中の NPC東京 小山です (書いてる日は12月半ば)

今回は

ひとりの Z使いの 男の 物語です。

IMG_0472

大森ファクトリー主催の

Zチャレンジ 練習会に 現れたのは ブラックの ニスモ限定車 380RS

IMG_0513

マシンは 決まっていれど

ドライビングは まだまだ 初心者レベルで

大パワー FRの フェアレディーZに 振り回されており

とても 乗りこなせている レベルでは 無かった ことを 覚えています

IMG_3258

負けず 嫌いの 彼は

それでも 練習会は 欠かさず 参加して

IMG_3301

少しずつ ですが

ドライビング テクニックの 向上も みられてきました

IMG_2038

そして

Zチャレンジに 参戦を していきますが

IMG_2077

完走は 果たしますが

良くも 無く 悪くも 無い

一生懸命に 走っては いても

それは 380RSに 乗っていれば 誰でも あれ位は 走れるよね

そんな 風にも 思われていたかも 知れません

(当時、380RSの参加台数が圧倒的に多く 各車素晴らしい走りを見せていた)

IMG_3466

それでも 人柄が 良く

走りの マナーも とても 良いドライバー でしたので

彼の 周りには 常に 人が 集まり

とても 楽しみながら Zチャレンジを 走っていたと 思います^^

IMG_3334

しかしながら そんな 楽しい 時間も

レースという 本気の 競争の中

徐々に その 均衡した バランスが 崩れていきます

IMG_3920

大森ファクトリー チームの 2台の RS

黒RS と 赤RS

この 2台は Zチャレンジへの 参戦時期も ほぼ 一緒であり

同じ マシンを 駆ることから

特に 仲の良い 2人だったと 思います

IMG_3531

しかしながら この日の レースで

赤RS の ほうは

ベストラップを 更新して 初めての 入賞を しました

IMG_4100

同じ チームの 仲間で あり

仲の 良かった 380RSの パートナーでも あるので

当然 自分の 事のように 喜びましたが

2人で 狙っていた 筑波サーキットの ラップタイムを 先に 越され

しかも 表彰台にまで 上がった 彼を

きっと 複雑な 気持ちで 見守っていたのだと 思います

IMG_5004

いくら 頑張っても 出ない タイムと

仲間で あり ライバルでも ある 赤RSの 快進撃

IMG_4695

このままで 良いのだろうか・・

IMG_4646

そう 悩み始めた 彼の 口元には

いつしか 無精ひげ が たくわえられて いきます

そんな 彼を 見守っていた

当時の Zチャレンジ 担当 大森ファクトリーの 担当者 K氏

悩んで たって

答えなんて 出ないよ

走らなきゃね。

そんな アドバイスから 彼の 異常とも 言えるような (笑)

走り込みが 始まります (^^)

多いときには 週に 2回も 3回も 走行会に 参加して

しかも 仕事も きちんと こなします

そして 誰から 言われるでも なく

速さの 基礎が 自然と 身に付いて いったのでした

走りこめば 走りこむ ほどに

自分に 自信の ついてきた 彼は

ひとつの 決意を します

それが これ

IMG_8708

スイカ仕様の オリジナル ヘルメットです (^^)

これを かぶると

スイカから 出る マイナスイオンが 集中力に 効くとか (笑)

そんな ことでは ありません (笑)

こうした 人とは まったく 違うモノを 身に 付けることで

自分自身を

まわりの ライバル達に アピールする事に なるワケなんです^^

いわば

自信の 表れでも あり

速さに 対して 自分を 追い込む 決意でも あるワケなんです

IMG_1776

そこから スイカRS としての

新しい Zチャレンジが 始まりました!

DSCN0899

ベストラップの 更新は 止まらず

レースでの 成績も どんどん 上がっていきます!

こんな ことも ありました。

DSCN2060

乗っている 彼は

決勝レース前の マシントラブルが あった時でも

IMG_6225

応急処置を おこない ながらも

IMG_7065

関西有力勢 との 伝説の バトルを 繰り広げ

勝利を おさめ

DSCN0803

いつしか

Zチャレンジでの 上位 常連組みに 入っていきます

DSCN2170

しかしながら

その 速さの 秘訣でも ある

過酷な 走りこみは マシンにも 無理を しいる ことでも あり

仕事は 日々 忙しくなっていく なか

ひとつの 大きな 決断をします

それは 年間チャンピオンを 目指す事

DSCN0820

そして スイカ RS 氏は

2013年

ついに Zチャレンジ RS-1クラスでの チャンピオンを 獲得します

その日の 筑波サーキットでの ベストラップは

なんと 1分4秒!!

あの夏

赤RS 氏 と 目指した タイムを はるかに 超えた タイムを 出していました。。

果たして 彼が

いったい どんな 気持ちで 走りこみ

走る ための 努力を 決して 惜しまなかったのか

それを 知る由は ボクには ありません

しかしながら

愛車 380RS と 自分自身を 信じて いたからこそ

この 素晴らしい 結果が 生まれたのだと 思います

2015年 ニスモ フェスティバルでの 勇姿を 最後に

380RS から 卒業した スイカRS 氏

15

いつまでも

別れを 惜しむ様に

愛車を いつくしむ様に

最後の パレードランを 走っていたのが 印象的でした

 

IMG_1837

マシンは 変わっても

スイカ氏 の 挑戦は きっと 終わりません

いつしか あの 笑顔を

また サーキットで 見せて もらいたいですね

そして

今は まだですが

この ブログが 公開されている 頃には

この 380RSは

また 新たな 走りを

僕らの 前で 披露してくれていると 思います (^^)

 

330423

コメントは受け付けていません。