最近のNPC松戸

こんにちは。NPC松戸の齊藤です。 最近当店ではRBエンジン搭載車の入庫が増えております。ピットはたまにこんな感じに・・・

dscn4378[1]

作業内容はやはりメンテナンスや不具合の修理が多いです。お客様のお車のご使用状況や重視したい点などをじっくりお話しした上で、通常の修理なのかプラスアルファでニスモパーツを投入するかを相談させていただいております。

例えばU様 BNR32 フルノーマル車

駐車場にオイルの垂れた跡があるとのことでご来店。今までのメンテナンスは近所のディーラーで通常の整備をされておりました。通常の整備といっても色々ありまして、最低限車検に通る整備もあれば痛んできた所をしっかりとリフレッシュする整備もあるわけで、今回はオイル漏れ以外にも悪い所はないかと相談されました。 今回はかなりの項目のお見積りとなったわけですが、その中から重要な部分 早急に必要な部分を相談させていただき作業いたしました。

オイル漏れはタペットカバーパッキンやカムシャフトシールからで、こんな感じでした。

R32-3

オイルシールはもうゴムの面影はなくパキパキのプラスチック状態でした。ただ交換するだけではなくしっかり洗浄してからの組付け。組めば見えなくなってしまう所ですが、お客様とじっくりお話してこの車への愛情が確認できたからには このままカバーを閉じる訳にはいきません! そしてスロットルチャンバー付近からのエアー吸いもありました。 アイドリング時にエンジンの振動があり少しアクセルを踏むと振動が改善するような状態です。振動は徐々に大きくなっていくようなのでお客様が気づかれてない場合がよくあります。実際にバラしてみるとこんな感じでした。

R32-2

6番シリンダーのエンジン側に10㎜くらいの抜け跡です。アイドリングではここからエアーを吸い、ブーストが掛かるとここから圧が抜けてしまいます。フルノーマル車でも抜けてしまう紙のガスケットに代わりGTインテークガスケットに交換です。

その他にもインジェクターの交換やエアレギュレーターの交換等も実施しエンジン廻りはだいぶリフレッシュされました。 次回はシャシー関係のメンテナンスの予定です。

続きましてU様 BNR34VスペⅡ ニスモスポリセ実施済み車 車検でのご入庫ですがやはりオイル漏れが進行しております。こちらもカムシャフトシールから。

R34-4

こちらも念入りに清掃してニスモ強化タイベルを組み込みました。

R34-3R34-2

エンジン廻り以外にリヤハブ付近の修理があったので作業のついでにニスモサスペンションリンクでリフレッシュいたしました。

R34-1

 

どちらのGT-Rもオーナー様が大事に乗られているのでしっかりと作業させていただきました。 年数を重ねたGT-Rはメンテナンスにお金が掛かる事もありますが、それだけの価値がある車であることは確かです!一気に作業するのも手っ取り早いかもしれませんが、1つ1つ優先順位をつけて確実にリフレッシュしていくのもありだと思います。 どんな作業がお客様にとって一番なのかまずはお気軽に相談いただければと思います。

やっぱり直6はいいよね~としみじみ思った齊藤でした。

斉藤祟

コメントは受け付けていません。