R35慣らし運転

毎日寒い日が続きます、体調管理は出来ていますか?

体調管理も給料の内と言いますが

うどん県NPCの山本」 は昼食の、うどんの頻度を減らし・・・

メタボ・高尿酸の事や、食生活の事は忘れて・・・

参考に成るものを順次展開しようと過去に取り貯めた画像を見かえしてます。

 

今回は、自分の体調管理のことではなく、

R35GT-Rの体調管理項目の初期慣らしです。

GT-R特別項目の中に記載されている「慣らし運転について」より抜粋します。

************************************************************************

~500kmまで
● エンジン回転数は3,500rpm以下に抑えて走行してください。
● 不必要な急ハンドル、急ブレーキ、悪路走行は避けてください。
500~1,000kmまで
● 低速ギヤ(1~3速)でのアクセルペダルを全開にした急加速はしないで、ゆっく りと踏み込んでください。
● 不必要な急ハンドル、急ブレーキは避けてください。
● できるだけショックアブソーバーのセットアップスイッチをCOMFモードに選択
し、サスペンションがストロークしやすい状態で走行してください。
1,000~2,000kmまで
● Mレンジを使用し、エンジン回転数を比較的高めに維持して1速から4速の間でのシフト操作を繰り返してください。
● 不必要な急ハンドル、急ブレーキは避けてください。
● できるだけショックアブソーバーのセットアップスイッチをCOMFモードに選択 し、サスペンションがストロークしやすい状態で走行してください。
アライメント点検・調整
● 新車2,000km点検でアライメント点検・調整を必ず実施してください。

*******************************************************************************

とGT-R取扱説明書に記載されております。

特に「不必要な急ハンドル、急ブレーキは避けてください」と!!

ちょうど良い見本にもなるので・・・

見難いかと思いますがホイールとタイヤ側面の黄色いマークは

新品のタイヤを組み付けた時につけたマークで

組んで直ぐにサーキット走行したタイヤです(プロドライバー運転)

マークが1/3周程ずれが生じています。

つぎの画像は、サーキット走行したがズレが比較的少ないタイヤ側面。10㎝程度のズレ

ズレを最小限にする為、

R35GTーRのホイールにはホイールリム周辺に

ローレットと言うギザギザがはいっています。

左は、NISMO クラブトラックエディションのGT-R専用ホイール

右は、比較用に通常のホイール写真を入れておきます。

 

 

次は2000㎞点検で入庫した車両のタイヤズレ3件

ずれが3車共2~3㎝以内に収まっています。ほとんどずれていない車両も。。。

これを見ればオーナーの皆様の自制心が判るような・・・・・

 

皆さん、慣らし運転時は、アクセルを踏むのを我慢して

ふんわりアクセル!

アクセル開度20%以下で・・・

エンジン負荷を最小限にして、全開加速は慣らしが終わってからのお楽しみに!!

スポーツリセッティングも慣らしが終ってからの施工をお勧めします。

今回はタイヤ初期慣らし編でした。

コメントは受け付けていません。