スペシャルな R35GT-R パート2

最近、初めての出来事が色々と発生し

乏しい知識では不明な事柄が多々あり、お客様ご迷惑掛けている

うどん県NPC高松の山本」からです。

 

前回は「R35GT-R ⅤSpecを取り上げました。

本当にスペシャルな車でしたが、

2020年モデルの「GT-R NISMO」と比べると時代を感じるようでした。

 

車両価格では

¥15,750,000(SpecV、5%課税、車体色別途) と

¥24,200,000(NISMO、10%課税)と、¥8,500,000の差って・・・・

 

弊社の様な、NHPC(日産ハイパフォーマンスセンター)には

常に、最新型のR35が展示・試乗車として配備されています。

 

現在は、2020年BLACKエディションのワンガンブルーを展示中

R35展示中の動画 : https://blog.nissan.co.jp/DEALER/1800

これとは別に

NPC(NISMOパフォーマンスセンター)用に、

弊社独自にスペシャルな車が!!

 

チョット説明が要る車両です。

 

センターコンソールの前のカーボンパネルと一緒に燦然と輝く

「R35 For Track pack Special Selection」 のエンブレム

 

ここだけでなく、A/C操作パネルにもカーボン製クラスターフィニッシャー

シートもバケットタイプの、

専用ハイグリップファブリック・本革コンビシート 内装に

何とリアシートがスペックVと同じように、無い!

ピュアエディションなのに内装色が黒!

 

外装では

カーボン製エアダクト付フロントスポイラー

ブレーキ冷却用導風板(見えないが・・・)

足回りでは「レイズ製軽量アルミ鍛造ホイール」

 

サスペンションが、特にスペシャル

あの「鈴木利男」氏の「ノルドリンク製 専用サスペンション」

 

今のエンジニアードby NISMOのような車かな?

以上のセットオプションで、¥1,400,000 とスペシャル価格

NISMOに比較してリーズナブルに思えて来るのは、

今のGT-Rの価格がスペシャル過ぎるからかも

 

この車は弊社の試作車扱いの意味を込めて「230号車」と命名して、

ナンバーを取り2016年から一時期を除き活躍してくれました。

 

岡山国際サーキットの走行会では

松田次生選手・柳田真孝選手・ロニークインタレッリ選手からの

アドバイスで、ホイールアライメントを調整し、結果を評価して頂きました。

非常に愛着ある車両ですが、新しいオーナーの所に行くことが決まりました。

色々な思い出があるGT-Rです。

 

岡山国際サーキットの走行会の帰り、

スカスカになったブレーキ対策用に

コードレス送風機を購入したり(意外と効果あり)

 

お客様の車両では試せない

極端なホイールアライメントのセッティング!

少し攻めたトーアウトセッティングやオニキャンバーに挑戦してみたり

トランスミッションのセッティング然り、大変勉強になる車両でした。

スポーツリセッティングはもちろん施工済み

 

色々GT-Rのセッティング変更に答えてくれた車両でした

タイヤを新しく組んだ時は,ずれ確認のマーキング

ホイールバランスウエイ飛散防止のテーピングが似合う

サーキットを走る為に作られた車両ではないでしょうか?!

 

車体番号も一桁!!

と更にスペシャル。

他にもスペシャルな内緒話は、ご来店時にヒッソリと!

新しいオーナーの処で活躍して欲しいです。

コメントは受け付けていません。