BNR32 リフレッシュのお手伝い

こんにちは、日産サティオ富山の上田です!

ようやく雪国の富山県にも雪がちらついてきました。

やっとです。こんなに雪が降らないのは初めてぐらい。

県内のスキー場も雪不足で・・・

しかも今年は「とやま・なんと国体2020」があるのに・・・ヽ( ~д~)ノ

無事に大会が運営され、富山県で素晴らしい結果が生まれることを雷鳥ともども願っております!!(○ `人´ ○) タノンマ-ス!

「TOYAMA」の画像検索結果

今回はBNR32のデフリフレッシュに関しての記事です!

まず驚きなんですけど、今回のお客様はご自身でも車を整備されているらしく、

走行距離が18万kmを超えたこともあり、現在リヤサスペンションのリフレッシュ中とのこと!!!(゚ロ゚屮)屮笑

そこでご友人からのお勧めもあり、せっかくならデフもということで

ご自身で外されて、当店にお持ち込みというのが今回の流れです!

 

今回の作業者は「お弟子さん」です。

親方監修のもと、お二人仲良く作業しておられました!笑

まずはリングギヤ等、内部を分解していただいて全て綺麗に洗浄させていただきました。

分解したお弟子さんいわく、中はすごく綺麗だったそうです!

しっかりメンテナンスしていただいた賜物だと思います!

とても18万km超過の車とは思えなかったそうです!

作業しているこちら側も嬉しくなってきますね!笑

その後、組み付け作業。プレート、ディスク、スプリング、ベアリング、シールは新品に交換させていただき、

サイドギヤ等も組みつけていきます。バックラッシュも点検、調整させていただいて完了です!!

まるまるアッセンブリーを新品に交換という訳ではなく、駄目な部品だけを見極めていただいて交換という形で

今回は進めさせていただきました。

親方によく言われますが、まさに「部品交換士」ではなく「整備士」という感じですね!!笑

長いことお預かりしていたので、お客様もだいぶ首を長くして待っておられるかと思います。

綺麗に生まれ変わったデフをR32に組み込まれるのももう間近ですね!v(`皿´)ノ~” ヤッター!!

こちらも完成を楽しみにしております!今回も当店をご利用いただきありがとうございました!

 

さて今回の富山自慢は、「能作」です!皆さんご存知でしょうか?金属の錫で有名な会社さんです!

錫は金・銀に次ぐ高価な金属で、水が腐食しない、酒の風味がまろやかになるなど、

すぐれた抗菌作用とイオンの効果があり、古くから茶器や酒器の材料に用いられてきたそうです。

100%の錫はとても柔らかく、形状にもよりますが手で簡単に曲げられます。

この特性を生かした曲がる「KAGOシリーズ」、富山県民なら一度は触れたことがあるかも。笑

通常は硬度を持たせるため他金属を加え行う錫の加工。しかし、能作は「だれもしたことのないことをしたい」と

錫100%の加工に挑戦します。その加工は難題でしたが、「曲がるのなら曲げて使える食器をつくろう」という

この逆転の発想こそが、曲がる「KAGOシリーズ」をはじめ、能作を代表する数々の錫製品を生み出したのだそうです!

皆さんも機会がございましたら是非、錫100%製品を手にとって実感していただけたらと思います!

富山以外にも東京、愛知、大阪、兵庫、福岡にも直営店があるみたいなのでよかったら足を運んでみてください!笑

(ちなみに写真は上田家の能作ぐい呑み)

コメントは受け付けていません。