R35 GTR 日常の使い方に今一度ご注意を!

久々の投稿となってしまいましたNPC松戸の齊藤です。

新型コロナウイルスの影響で少しだけ時短営業をしており、ご迷惑をおかけする事もあるかと思いますがご容赦ください。

さて、だんだんと今までの日常に戻りつつある今日この頃。当店の駐車場も賑やかになってまいりました。

いい眺めですね~。この向かいにも数台R35が止まっています 笑

そんな中、車検整備の17NISMOさん。走行距離も少なく程度極上!

のはずでしたが、ブレーキパットになにやら違和感が・・・

外してみるとこんな状態でした。

ホイールを外してキャリパーの端面から点検しないと気付けない部分ですね。やっぱり車検点検って大事♪

ちなみに、普段乗りでは全く不具合は感じられないようです。

左右フロントブレーキの外側のパットに部分剥離が起きてしまったようですが

原因は恐らく洗車後の錆付きだと思います。

新車でご購入されたオーナーさんはGTRマイスターに

洗車後はブレーキに熱を入れて乾かすように!と釘を刺されてると思いますが、

中古でご購入されているユーザーさんは知らない方もいるかもしれませんね。

(ここを見ている人は知っていると思いますが!)

オーナーズマニュアルにも書いてありますので、今一度読んでみると新たな発見があるかもしれませんよ!

ブレーキパットとキャリパーはNISMOも基準車も同じなので、R35ならば

どのグレード、どの年式でも起こりうる現象です。

うっかり熱入れしそびれてパットとローターがくっついた経験のある方は意外と多いはず・・・

こんな剥離の形もあるようなので参考になれば幸いです。

 

 

 

 

さて、前回の投稿から「マイサニー」という謎のコーナーが始まりましたが、危うく初回で終わる所でした 汗

 

サニーから降ろされたエンジンを・・・ 片付けて。

次はボディの方を少しリフレッシュしてみたいと思っております。

現在は赤いボディですが、その下には紺色の塗装が見えたりします。でも元色は多分白っぽいです。

登録から現在まで48年間。流石に色々な歴史が刻まれているようです 笑

さて、4色目の歴史が刻まれてしまうのか?どーするんだ?と自問自答の毎日を過ごすNPC松戸の齊藤でした・・・

コメントは受け付けていません。