R33GT-R  インテークマニホールドガスケット

こんにちは
今回はR33GT-Rのインテークマニホールドガスケット交換作業を紹介します。

お客様の申し出は
「エンジンが微妙に振動しているような気がする」とのこと

アイドル時失火?定番のイグニッションコイル?
なんて思いがちですが
確かに2番3番が元気ないです、あと排ガスがガソリン臭いですが、
回転を少しあげるとそうでもない(失火しない)
という症状がマニホールドガスケット抜けの特徴です。

コイル・パワトラ・プラグを交換したが治らなかった
なんて方いらっしゃいませんか?
インテークマニホールドのガスケット部に
パーツクリーナーを吹き付けて
エンジン回転に変化があれば
ガスケット抜け確定です(バキュームホース切れって事もありますが)
P1040927
マニホールドを外してみると
P1040939
黒くなっているところが
エアが吹き抜けた跡です。
P1040945
コレクタータンク下の
エアレギュレータ
エアレギュレータについてはR32リフレッシュ②
紹介しています。
P1040947
こちらも予防整備で新品交換
P1040950
同時にウォーターホース、バキュームホースも交換
新品のガスケットを組みます。
スロットル部はNISMO強化品です。
P1040952
組み付け後
絶好調です。
P1040953
プリンス札幌 NISMO P-STAGE
内藤でした。
内藤雄一

コメントは受け付けていません。