ニスモ Z33スポーツチタンマフラー(バージョンNISMO)

NPC東京 小山です

本日は

ニスモフェスティバルでの

Zチャレンジ エキシビジョンにて

大幅 タイムアップした バーニスの お話です!

Z33 バージョンNISMO (略名 Z33バーニス)

Zチャレンジ 第3戦 筑波での はなし

この レースが 無事に終わったならば

チタンマフラーを 入れて

ニスモフェスティバルに 出たいんです

なので

この レースが無事に 終わったら マフラーを 頼んで下さい

そう言って オーナーさんは

最終戦に 臨みました

レースの結果は 無事に完走!

そして この日に

ニスモ スポーツチタンマフラーを オーダーしました!

Z33バーニスは

ニスモロードカーの 一員でも ありますんで

純正ですでに 専用マフラーが 装着されていますが

個人的には この純正マフラー

新車で 出ていた頃から 不満もあって

当店では 早い時期から

ワンオフマフラーを 製作していました(フジツボ製)

ツインインテーク仕様となった 後期HRエンジンは

中期VQ35DEの高速型エンジンより

更に 高速仕様となっており

上での 伸びは 素晴らしい性能が あります

スロットルが 1つから 2つに増えたという事は

RB26や VR38を 見れば分かると 思いますが

多連スロットル 高出力仕様エンジンという 事なんですよ~!

これが 装着された ニスモチタンマフラー

わざわざ 言わなくとも わかるでしょうが

この大きさの マフラーですんで

とにかく 軽い!

特に オーバーハング部 (リヤタイヤより外側)に

タイコがある V型エンジンマフラーは

オーバーハングの 軽量化が 出来る事で

マスの 集中化も 実現していますので

ハンドリングにも 好影響が 期待できます

(重心がドライバー側に近づく事を言います)

 

見た目の カッコ良さも 増して

オーナーさんも 大満足です (^^)

そして ニスモフェスティバル

Zチャレンジ エキシビジョンレース

この場所が チタンマフラーの

シェイクダウンと なりましたが

抜けの 良くなった マフラーと

高速型HRエンジン との 組み合わせは

まさに ドンピシャ!

チタン特有の 乾いた エキゾーストノートは

ドライバーの やる気も 加速させ

見事!自己ベストタイムを 更新出来ました。

これは 上の写真の 拡大ですが

走行中 チタンの 良い色に 変化していますね

Z33は

発売されてから すでに 10年がたちます

バージョンNISMOや 380RSオーナーさんは

まだ 純正マフラーを 使用している人が

多いのでは ないかと思いますが

ニスチタンマフラーで 必ず 若返ります

今まで 手の入れられなかった 排気系に

手を入れていく チャンスでも ありますので

NPCに 相談してみる事を おすすめします(^^)

 

コメントは受け付けていません。