マーチNISMOの購入の仕方

どうも こんにちは!
日産プリンス東京モータースポーツ室の小山です。

本日は、マーチNISMOの 納車と あわせて
マーチNISMOへの 買い替えた 理由なども 書いてみたいと思います^^
DSCN9166

こちらの お客様は ご主人様が BNR34GTRに お乗りで
当店にて、メンテナンスを 行っています。
ご家族用に 今まで乗られていたのは トヨタの ウィッシュ
ミニバンです。

まぁ 4人家族であれば ミニバンは 使いやすくて 良いですよね。
しかしながら 今回 奥様が 選んだのは マーチNISMO!
DSCN9165
なぜ マーチNISMOを 選ばれるのか 商談の際に お聞きしたところ
奥様が お若いときに

K11型 マーチの マニュアルに 乗っていらっしゃって
その時に とても 楽しかった 印象が 今でも 心に残っており

ウィッシュの 買い替えの話に なった時 マーチNISMOの 話題も 出たので
いっきに マーチNISMOへ 心が傾いたとの事でした^^

小気味良く 動く車体に 操作しやすい マニュアルシフト

そこには クルマを 運転する 楽しさの基本が たくさん ありますよね~
ご主人様も その当時の 様子を 覚えておられ
そんな 2人とも 若かったであろう頃の 話をする時の ご夫婦は
まるで 恋人時代に 戻ったみたいに 見えました^^
DSCN9170
ミニバンと マーチNISMO とでは
ご家族で 使われる場合 具体的に どう違うかと 言えば
ミニバンは クルマに乗って 出かけることが 目的に なりますが
マーチNISMOの場合  出かける為に
マーチNISMOを 運転する事が、楽しみになったり するんですね^^
お子さん達も 広い後部座席で ゲームするのも 楽しいでしょうが (笑)
すぐ前の席で 両親が
仲良さそうに クルマ談義とか しながら 運転しているのを 見ているのも
きっと 幸せだと 感じていると 思います。
DSCN9174
今後 マーチNISMOの ドライビングレッスン なんかが
出来たりするならば ぜひ 奥様も 参加したいと おっしゃっていました^^

ニスモの チューニングパーツが 出たら ご連絡しますんで
GTRと バランスを取りながら マーチNISMOも チューニングして
楽しんでいって もらえればと 思います (笑)
DSCN9009
こちらの お客様は V36スカイラインからの 買い替えです。
なんで スカイラインから マーチNISMOへ 買い換えたのかと 言うと
サーキット走行を 楽しんでいきたい!と いうのが 一番の 目的で
ワークスチューニング・サーキットデイでの

マーチNISMOの コンパクトカーとは 思えない その走り見て
感銘を 受けたのが きっかけです^^

DSCN9005

いくら マーチNISMOが 速そうだと 言っても
V36と 1500ccの マーチNISMOとでは 根本的に パワーが 違います
それでも 自由自在に サーキット内を 走り回る マーチNISMOを 見て
乗ってみたいと 思ったそうです。
これには 理由があって
V36スカイラインは 非常に高性能な スポーツセダンですが
パワーが ある分 重量もあります。
それに比べて マーチNISMOは 軽量で トルクフルな 4気筒エンジンを 持ち
まるで サーキットを 泳ぐように 走る事が 可能だからなんですね。
DSCN9006

圧倒的な パワーによる スピードや ラップタイムだけが
サーキット走行を 楽しむ手段ではなく
ドライバーの 思うがままに クルマを 操るのも
サーキット走行の 楽しさでもあります^^

DSCN9025
今後は ドライビングレッスンから 始め
サーキット走行会などへの 参加も 積極的に していきたいと
言ってらっしゃいました^^

今回 アップさせて 頂いた 2組の お客様ですが
共通するのは マーチNISMOの方が
今まで 乗っていた 車種よりも デメリット的な 部分が あるという事です。
それは 広さであったり 高級感で あったりしますが
そうした事よりも 走る楽しさ
操る楽しさを 自分なりの 速度域で あっても 十二分に 楽しんでいける
そう 思われたから 購入されたのだと 思います。

軽くて パワーがあって かっこよくって マニュアルで
しかも 5人乗れる 5ドアで 燃費も良い!
アクセルを 思いっきり踏みこみ シフト操作を 素早く決めて
心地よい 加速に 酔いしれていると
わずらわしい ストレスも いつのまにか 無くなっていきます。

GTRや フェアレディーZじゃ こんな風に アクセル 踏み込めませんからね!(笑)
使い勝手や 使用目的に 合わせて 車種選択を されると 思いますが
乗りたいクルマに 合わせて ライフスタイルを 変えたりするのも
素敵な 日常が 待ってたり するかも 知れませんよね♪
小山 在

コメントは受け付けていません。